「音楽×テクノロジー」の話題を中心に、DTM、iPhone・iPad・Mac、最新テック情報、ガジェット・書評レビューなんでも書きます。ガンガンいこうぜ!みんなの訪問を、全力で待ってます。

5.25.2014

こおろぎさんの記事読んで始めてオーケストラを打ち込んでみた

今回は、「駆け上がりをかっこよく聴かせるコツ | オーケストラ打ち込みの技」こちらを読んで、始めてオーケストラを打込むとどうなるのか?検証してみました!

始めてオーケストラを打込む!

まずは目でコピー

  • 奇数音符を使う
  • ハモらない
  • ハープを重ねる
  • その他上昇音を重ねる
  • 金管は駆け上がらない

ざっくりと、駆け上がりで注意するべき点だそうです。

こおろぎさんちでは、画像付きで詳細が載っています。

詳しい内容はこっち!→「駆け上がりをかっこよく聴かせるコツ | オーケストラ打ち込みの技

そして耳コピ

せっかくなので、霧の山脈という楽曲を耳コピすることにします。

キーは多分、DとかGあたり?テンポが恐らく90。超速でDTMするsoundorbisは、細かい事は置いとく主義(笑)

じゃないと、曲なんて完成しないからね!?

霧の山脈を、5合目あたりから見上げてみた

こおろぎさんちの山は、高すぎました(涙)

車で行けるあたりから、見上げる事しかできませんね...

あの頂上には、いつになったら行けるのでしょう?

打込んでみて、オーケストラの魅力に取り憑かれそうです。バンド物ばっかり作ってましたが...自分に鞭を打って、取り組む時が来たようですね。それに気づかせてくれたこおろぎさんの記事に、感謝><。

コード作曲法で著名な藤巻さんも採譜については口をすっぱくやりなさい!と申しておりますし。ディズニーの曲を書けるぐらい習得しちゃうぞ〜!まずは、何から手をつけようかな?

個人的にはこの本が、入門編として読んでも疲れなかったかな。オーケストレーションが書けるわけじゃないですが、読みやすくておすすめ。

 

それじゃあ、サウンドオルビス(@soundorbis)でした。

カテゴリ:
soundorbis
このブログを書いてる人
サウンドオルビス フリーBGMアーティスト

音楽×テクノロジーを中心に、ブログ書いています。詳しいプロフィールは ⇨ こちら

\ シェアしよう /

以前の記事  以前の記事
新しい記事  新しい記事