PS4対応おすすめハンコン・ステアリングコントローラーまとめ

10月 09, 2016

ステアリングコントローラーって、ご存知ですか?

レースゲームなどで活躍するハンドルのコントローラー。いわゆるハンコンのことです。PlayStation VRで最高の疑似体験をするために、プレイステーション4対応ハンコンを確認してみましょう。



このまとめの目次

2016/10/8現在、全部で5つのPS4正式対応のハンコんが存在しています。

  1. ロジクール G29 ドライビングフォース
  2. T300RS Force Feedback Racing Wheel
  3. T150 Force Feedback Racing Whee
  4. T80 Racing Wheel
  5. ステアリングコントローラー for PlayStation®4

今回の記事と合わせて、こちらの本格的にグランツーリスモなどのレースゲーム用のコックピット作ろうぜ!って記事も読んでいただけますと、バーチャルレーサーへの道が速まります。

本格的なグランツーリスモSPORT環境を作るには?PSVRも合わせて買うと、いくらかかるの?って話なので、PS4向けのハンコン買いたい!って方には、特にオススメの内容となっておりますよ!↓

それでは、まとめ記事始まります↓


ロジクール G29 ドライビングフォース


価格とコメント

希望小売価格:57,240円


G27が3.5万円度だったのに、G29になってえらく高くなってユーザーを驚かせた商品。

しかし、PS4コントローラーライクなハンドルまわりと、グランツーリスモ内で走りながらセッティングを変えられるダイヤルボタンがついているため、


お金が用意できれば、初心者に一番おすすめ。


ハンドル裏のシフトはドライビングフォースGTのようなボタンではなく、大きなパドル式のものです。ちなみに、シフトは別売りです。ガコガコしたい派の人は、さらに出費がかさみます(涙)


Logicool ロジクール G29 ドライビングフォース LPRC-15000
ロジクール (2015-06-25)
売り上げランキング: 1,160

Logicool ロジクール ドライビングフォース シフター LPST-14900
ロジクール (2015-06-25)
売り上げランキング: 4,197

T300RS Force Feedback Racing Wheel


価格とコメント

希望小売価格:53,784円


ホール効果精密技術とブラシレスモーターで、とにかくスムーズなハンドリングとセルフステア可能なほど高速に回るハンドル。

拡張性に優れ、8速シフトに3ペダルを後付けで購入可能です。通常は2ペダルパドルシフト。速く走りたいならコレですね。




T150 Force Feedback Racing Wheel


価格とコメント

希望小売価格:32,184円


チープな見た目ですが、ブラシレスモーターのせいか3万オーバー。

廉価版T300 RSだから仕方がないね。以下に記事をまとめておきましたので、よろしければどうぞ。これが現状一番新しいPS4対応ステアリングコントローラーです。

そこんとこの不満を爆発させている記事を書いておりますので、あわせてお読みくださいませ!



T80 Racing Wheel for PlayStation4

T80 Racing Wheel for PlayStation4/PlayStation3/正規代理店保証製品

価格とコメント

希望小売価格:11,880円


フォースフィードバック機能がありません。よほどの理由がない限りおすすめはできません。


T80 Racing Wheel for PlayStation4/PlayStation3/正規代理店保証製品
MSY (2014-10-09)
売り上げランキング: 3,587

ステアリングコントローラー for PlayStation®4


価格とコメント

希望小売価格:8,618円


FFBももちろんないけど、1万以内。子ども用のお遊び向けだね。オススメはできない。


まとめ

価格が高い順にならんでいますが、使えるものは軒並み高いですね(汗)

ニッチな製品だから安くたくさん売る販売スタイルをとれないから、辛いね。個人的にはT300 RSを購入予定です。

追記。グランツーリスモSPORTの販売が決定!かと思いきや、延期してしまいましたね涙。

人員を増やしていたにもかかわらず、延期なんて...もはやお家芸すぎて発売日と発表された日から1年〜3年は猶予見てるよ!って感じのファンの方が多い気がするよ汗。

バーチャルレーサーには、いつなれるのかな?涙。

今のうちに、収録されるかもしれない国際サーキットの勉強しておきましょう。

それでは、すべてのバーチャルレーサーに幸あらんことを。サウンドオルビス(@soundorbis)でした。

Share this

DOVA-SYNDROME所属のフリーBGMアーティストです。音楽制作や活動に関する最先端話を、記事にまとめています。 YouTubeチャンネルも、登録よろしくお願いします!

Related Posts
Previous
Next Post »