音楽で「生きる」を本気で追いかけるブログ

2.14.2016

投資信託はほったらかしじゃダメ!損失の経験から学ぶ(移転済)

Tousisinntaku01

どうも、サウンオドルビス(@soundorbis)です。

投資信託で、損失が出る!という経験ができましたので、ブログに書かせていただきます。銀行に預けるよりも、お金が増やせる?そう思っていた時代が私にもありました。

ほったらかしで大丈夫!と思っていたのですが...

実はそうじゃなかったんですよ。





 

投資信託はほったらかしじゃダメ!

現在の評価損益は「-2,148」になりました。

購入したファンドは、こちら↓

「三井住友TAM-SBI資産設計オープン(資産成長型)」

定期買い付けで、2015年の4月から積み立ててきました。

SBIで投資信託をはじめるにあたって、多くのサイトに目を通したんですね。「初心者」が最初に手を出すべきファンド!として、目にする機会が多くあったんですよ。

だから、ほとんどほったらかしでも1000円ぐらい利益がでるんじゃないかな?って知識もなく、挑戦したのが間違いだったかもしれません。今回は次回への反省も踏まえて、失敗した理由を書いていきたいと思います。

損切りアラートを見送った

評価損益が「-1,000」になった時点で、メールがくる設定にしていました。

でも、見送っちゃったんですよorz

頭で株やFXで絶対やっちゃはいけない事だって、わかってたんですけどねぇ〜。損を出したくない人間の心理なんでしょうかね?来週になれば、きっと戻ってさ!なんて楽観視していましたね。

これが、大きな額で戦っていたら、笑い話じゃすみませんよ?って、自分に言い聞かせて、反省としたいと思います。

定期買い付けだからって安心じゃなかった

定期買い付けできる投資信託なら、毎月の基準価額に応じてリスクを分配できるから安全!安心!低リスク!だと思っていたんです。でもそれって結局、毎月順調に下がっていく基準価額の前では、無意味なんですよね笑。

毎月下がっていたなら、一度定期買い付けを解除するという「選択」ができたはずなのに、ほったらかしてしまうと、その危険に気づかずに損失だけが大きくなってしまうんですよ。これは、勉強になりましたね。

次回からは、毎月決まった曜日に基準価額を確認しましょうね、自分よ笑。

初心者らしく手を出したら、知識を得よう!

Max16011542 TP V
ここからは、反省を活かす話です。

将来の資産運用ために、投資信託をはじめました。20代のうちにお金を増やすとは、どういうことか?を学びたかったんです。そのために、毎月少額で始められるSBIの投資信託は、うってつけでした。

少額から始められるからこそ、少ないリスクで学びを得ることができる。今回はマイナスになってしまいましたが、反省を生かしながらプラスにできるように努力していきたいと思います。

もしも、以下のように老後、いきなり大きな額から始めていたら…と思うと冷や汗でしたね。

「それよりも、投資信託の仕組みや、そもそも投資とは何か?という点から、しっかりと勉強していただきたいと思います。投資など、それからでも全く遅くはありません。」

夫が投資信託で3か月で600万円の損失|投資信託の分配金に騙されるな


そんなわけで、サウンドオルビスもとりあえず損失という経験ができたので!行動したら、反省して、勉強していきます!

まとめ

全額売却ではなく、半分だけ売却しました。

これも実際どうなるのか、実験ですね。「三井住友TAM-SBI資産設計オープン(資産成長型)」は、2008年から右肩上がりなので、信頼していきたいんです。

勉強することでその根拠を、どのファンドでも見つけることができるようになりたいですね。初心者を脱する方法は、失敗して学ぶことでしか脱することができませんから。

今回は、投資信託はほったらかしじゃダメ!ってことをお伝えしました。

それでは、すべてのクリエイターに幸あらんことを。

Tag:

この記事を書いた人

サウンドオルビス(soundorbis)とは?

公式サイト:soundorbis.net

前の記事  以前の記事
次の記事  新しい記事