みんなの好きな”コト”集める・見つける・繋げるブログ

6.19.2016

共生社会のバイブル。吃音症マンガ「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」

たった一つできないことがあるからって、何なのさ!個性を大事にしていきましょう。


吃音症とは?

吃音症(きつおんしょう、英: Stammering symptom)とは、言葉が円滑に話せない疾病、または障害である。

症状

吃音の症状を大きく分けると以下の3つの型となり、これらは吃音の核となる症状と考えられている[1][4]。近年は更に細かく専門化した分類が行われてきている。

連声型(連発、連続型)
発声が「お、お、お、おは、おはようございます」などと、ある言葉を連続して発生する状態。

伸発
「おーーーはようございます」と、語頭の音が引き伸ばされる状態。

無声型(難発、無音型)
「ぉ、……(無音)」となり、最初の言葉から後ろが続かない状態。

吃音症 - Wikipedia

主に発音時、スムーズに話し出すことができない症状です。

言葉だけでは理解しきれない部分を、わかりやすくマンガで知ることができます。今回ご紹介するのは、こちらのマンガ「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」です。

"普通になれなくて ごめんなさい"

ヒリヒリ青春漫画のマエストロが贈る、もどかしくて、でもそれだけじゃない、疾走焦燥ガールズ・ストーリー。 "自分の名前が言えない"大島志乃。そんな彼女にも、高校に入って初めての友達が出来た。ぎこちなさ100%コミュニケーションが始まるーー。いつも後から遅れて浮かぶ、ぴったりな言葉。さて、青春は不器用なヤツにも光り輝く……のか?

押見修造 先生の「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」は、吃音をテーマにしたメッセージ性の強いマンガです。まずは、かなり心が締め付けられる引用をご覧ください。

Sino2 Sino3 Sino4

表紙がふんわりと優しい絵柄だったけれど、想像していたよりもハードで心が痛くなる内容でした。実にノンフィクションというか、実際に作者の体験を元に描かれたマンガということだったので、あとがきを読んで妙に納得してしまいました。

この漫画は、自分自身の経験を下敷きにして描きました。僕が、喋ることに不自由を感じるようになったのは、中学2年生の頃だったと思います。それが「吃音症」というものだと知ったのは、しばらく後のことでしたが。

もしも自分ったらと考えると、かなり辛いです。しかし、作者は最後にこんな言葉でポジティブに吃音と向き合っていました。

吃音じゃなかったら、僕は漫画家にはなれなかったかもしれないということです。

吃音症という症状のお陰で、言いたいことを心に閉じ込めていた。そして、それを爆発させることで漫画という作品に昇華したのだという内容でした。

何事もポジティブに、何て簡単な言葉では言い切れません。それでも私は、作者の考え方が、これからの共生社会において重要になってくるのではないかと、思わずに入られませんでした。


自分の得意なこと、個性を活かす

Sino6

誰にでも不得意なこと、他人から見たら笑われるほどダメな部分って必ず持ってると思います。ちょっと不良っぽいキャラの「加代」ちゃんにとっては、それが歌でした。

このシーンの後、二人でなんと!音楽を始めちゃいます。驚きの展開でした。「志乃」ちゃんは歌を歌うときだけは、吃音症状が現れない。「加代」ちゃんは音痴だけれども、ギターが上手い。二人の得意なところで互いに支え合う姿に、うるうるしちゃった笑。

「加代」という名前も、「代わり」に「加える」と書きます。勝手な想像ですけどね。

共生社会のバイブル

Sino5

これからの時代、共生社会として自分とは違う個性を持った人々と地域を構成していく必要があります。外国人だったり、先天性や後天性でハンディキャップを持つ人も、どんどん活躍していける社会になったらいいな...理想論ですが、願えば必ず叶います。

では最後に、私が一番泣けたセリフを紹介して、記事を締めさせていただきます。本当はカットと共に見て欲しいのですが、是非そこはご購入後、泣きながら読んでみてください。

「...大島志乃だ これからも...これがずっと私なんだ」

あなたはもっと自分らしくていい、もっと自由でいい、もっと胸を張って生きていきましょう。個性は、それだけでたくさんの人を救う可能性を秘めているのですから。

それでは、すべての人々に幸あらんことを。サウンドオルビス(@soundorbis)でした。

Written by soundorbis

YouTube総視聴回数「302,675回」・音源の総ダウンロード件数「123,114件」・利用報告「2,000件以上」の実績を持っているフリーBGMアーティストです。福島から、好きな”コト”発信して生きます。公式サイトsoundorbis.net


この記事が良いと感じたら、シェアしよう!

毎日、好きな”コト”配信中!!フォローしてね↓


soundorbis.comの
最新情報をキャッチ!!