【レビュー】「たくろくガールズ」はDTM入門の良書!宅録ビギナーが最初に読むべきだって話

6月 20, 2016

宅録+女の子=「たくろくガールズ」は、最初に「初心者DTMer・宅録ビギナー」に読んでほしいマンガでした。



宅録ビギナー・初心者DTMerにオススメ

たくろくガールズ

新品価格
¥1,080から
(2016/6/20 19:56時点)

マンガ家・イラストレーター・自宅録音ミュージシャンと、多彩な肩書きを持つ筆者「ノッツ」さんの著書。「たくろくガールズ マンガで楽しく分かる!宅録&DTMの本」が、予想よりもはるかに面白くて、分かりやすいDTM入門書だったので、ご紹介します。

この本を読んでて、良いと思ったのは次の3つでした。

  • マンガで頭にスッと入る
  • 共感できる内容
  • DTM辞典みたいな使い方
  • 一つずつ、見ていきましょう。


    マンガで頭にスッと入る

    71ZDPRqLV9L

    たくろくガールズの構成は、1ページの中にテーマごとの4コマがあって、その脇に優しい解説が載っているという形式です。

    DTMや宅録を始めたばかり、これから始めようとしている人にとって、この本は最強にオススメできます。1ページごと、異なるテーマなのですが…単純にDTMに関する用語だけにとどまることはありません。最低限の宅録に関する知識は、書籍を通じて得ることができます。

    例えば、「プラグイン」「EQ」「マイキング」なんて項目ですね。基本的な宅録の世界を覗き込むことができます。それ位がにも「マンネリ打破」「ノマド作曲」「ホッとノイズ」みたいな、項目があり、用語だけではない内容が、実は宅録・DTMを長年やってくると重要になってくるんです。

    7〜8年、宅録・DTMerやっておりますが、今改めて本で、気がつかされることも多かったです。それがマンガでわかりやすく、読みやすいってのはかなり、いい時代になりましたね。帯にあった「日本初!?マンガで分かるDTM入門」。もっと早く出会いたかった…


    共感できる内容

    4コマなので、必ずオチがあるんですね。そのオチが、なかなか共感できるものが多かったので、ご紹介します。

    『パッケージ版ソフト』

    (服屋にて)
    「そのコートいいじゃない」
    「15000円か...高いな...うーん...どうしよう...」
    「結局買わなかったの?」
    「悩んで悩んで悩み抜いたけど やっぱいいかなって」

    (楽器屋)
    「おおっ!ちょうどこういうソフトが欲しかったんだよ!」
    「いくらだ?15000円!?安い!!これください」
    「なにこの金銭感覚の差!?」

    これ、すっごい分かるわwww サウンドオルビスも、2万円のメガネを買うか、悩んでた時期。。3万円するソフトウェア音源を安い!とか言って、買ってたことあったわwww さらに、もう一つ。

    『EQ』

    「WAVESのプラグインは高嶺の花ってイメージだったんだけど...最近はかなりお求めやすくなんたんだねぇ!」 「バイト代で手に入れたこのルネッサンスEQをボーカルにかけてみたけど」 「うん...すごくいい...」 「でも肝心の自分の唄自体が下手すぎてこの素晴らしいイコライジングが形無しよー!!」 「いるんだよねぇ機材とかは無駄にいいの揃えてるのに実力が伴ってない奴!!」

    「私だよ!!」

    いいね!このセルフツッコミwww 分かる。4〜5年目ぐらいまでは、機材集めに奔走するから汗。体験談。社会人やってると、給料が入ってきてお金があるからね。いい機材は揃っていくんだけど、時間がないから全然曲が作れないっていう悪循環になってくorz

    これは、きっと作者も体験していることだから、これだけ共感できる内容が多いんだと思うんだ。マンガ家でありながら、音楽もできるってのは、素晴らしい才能です。「ノッツ」さん、素敵!!


    DTM辞典みたいな使い方

    71rhVpvenBL

    基本的な項目は、網羅されています。何度も言いますが、この本を買ったからといって曲がすぐ作れるようになる!ような内容ではありません。宅録・DTMerの世界をマンガでわかりやすく覗き込むというものだと思ってください。

    だからと言って、使い物にならないかというと、そうではありません。初心者にとって、用語であったり、考え方であったり、そうした部分でガイドブックになる入門書は必ず必要です。あったほうがいいです。

    そのガイドの役割を、このマンガは担ってくれます。買って1回読む。後からパラパラめくりながら、必要な項目だけ見る。そういう使い方が、非常にあっている本です。読み切るのも、30分もあればさらっと読める内容です。

    中級者・上級者にとっては、昔を振り返れる、初心を思い出せる良書にもなっています。

    巻末の宅録&DTM用語集のページも、わりと頻繁に出てくる用語の割に分かりづらく、忘れやすいものが見開きでまとまっていて、嬉しい配慮。DTM辞典みたいな使い方として、デスクにそっと置いておいてもいいかもしれません。


    作品を外に出すことが大事

    宅録ビギナーにオススメのマンガ。右も左もわからないDTMerは、とりあえず読みなさい。話はそれからです。宅録・DTM、何から始めたらいいのか?用語も難しくて、全然前に進めないよ〜!って嘆いてる方向けのマンガ。

    昔はこういう本がなかったから、点在するブログやサイトをブックマークして、そこから気になるところだけメモに書き起こしたりしてました。何が言いたいかと言うと…ここまでわかりやすくお膳立てしてもらってるんだから、DTMを、宅録を、音楽を始められないなんて、嘘だッ!ってことを伝えたかったんですよ笑。

    モヤモヤして、あなたの才能を眠らせておくのは、本当にもったいない。最後に、そんな悩める初心者に向けた筆者のメッセージが心に響いたので、書かせていただきます。

    ー本書を手にしている宅録ビギナーの皆さんにメッセージを。

    ノッツ「音楽に限らず、何かものを作るのなら、たとえ下手でも自信がなかったとしても、作品を外に出してみることが大事なのかなと。」

    悩んで、難しく考えて何も始められないんだったら、とりあえず「たくろくがーるず」読んでみて。マンガだから、簡単だから!これ以上、楽勝なDTM入門書はないです。考えている暇があるなら、読んでみましょう。それが、あなたの第一歩につながるはずです。

    それでは、すべての宅録ビギナーに幸あらんことを。サウンドオルビス(@soundorbis)でした。


    公式リンク

    たくろくガールズ

    新品価格
    ¥1,080から
    (2016/6/20 19:56時点)

    Share this

    DOVA-SYNDROME所属のフリーBGMアーティストです。音楽制作や活動に関する最先端話を、記事にまとめています。 YouTubeチャンネルも、登録よろしくお願いします!

    Related Posts
    Previous
    Next Post »