音楽×IT情報ブログ

木曜日, 7月 28, 2016

SoundCloudがヤバい?理由は収益化の苦戦。予想通りの展開に

2016 07 28 23 09 08

どうも、サウンドオルビス(@soundorbis)です。

SoundCloudが売却されるかもしれません。



SoundCloudが売却を検討か?

All Digital Musicによれば、SoundCloudが、約10億ドルで売却を検討しているとブルームバークがレポートしていると報じています。

SoundCloudと創業者と投資家は、売却のための戦略的な選択肢を模索し始めているが、討議は初期の段階にあるようで、撤回の可能性もあるとのこと。


参考リンク

コメント

驚きがないのが、寂しいところ。やっぱりな...というのが第一印象でした。

SoundCloudの収益化の苦戦は、かねてより言われていることですが、なかなかうまくいかないのはなぜでしょうか?

個人的には応援していたサービスだけに、無くならないで欲しいと思う一方で、売却されて何か新しい動きがあるんじゃないか?って期待もある。

ちょっと前まで、私も有料プランだったけれど、YouTubeの方が再生数が多いことに気がついて、有料プランのみ解約してしまった

ユーザー数は、1億人以上いるSoundCloudだが、何事も生き残るということは難しい話である。

音楽作っている者からすると、あのUIはおしゃれで使いやすいのだが、いかんせん日本の一般の方々には知名度がなさすぎる感がある。

俺「YouTube知ってる?」友「当たり前じゃん、バカにしてんのか?!」

俺「SoundCloud知ってる?」友「知らねーし。」

ってことが、個人的にはデフォorz

今後の動向を、見守っていきましょう。

それでは、すべての音楽クリエイターに幸あらんことを。サウンドオルビス(@soundorbis)でした。

▼ soundorbisの最新情報を Facebookでチェック!