みんなの好きな”コト”集める・見つける・繋げるブログ

8.11.2016

とんでもねぇ映画見ちゃった「シン・ゴジラ」のリアルが今の僕らの現実だって話

CpeMnblVYAEKOjE jpg large

どうも、サウンドオルビス(@soundorbis)です。

シン・ゴジラ観てきました!チケット1500円とか、正直安すぎる!シン・ゴジラの価値は、3000円以上払っても、まだ足りない。

みんなにも観て欲しいから、感想と合わせて、映画の面白いとこまとめちゃうよ〜!



まだ観てないの?損してますよ?

CpeMnblVYAEKOjE jpg large

ネットではいたるところで高評価。



とんでもねぇ映画見ちゃった...本当に、見終わった後同じこと考えてたwww


よっしゃ!今回は、面白いと感じたところを5つ紹介するから、興味がわいたら明日にでも映画館にダッシュしてくれよな!それだけの価値のある映画ですぜ!!!

それでは、どうぞ〜!


ゴジラ対人間が見たかったんだ!

ゴジラって、だいたい怪獣同士が対決するのが定石じゃないですか!

大きな怪獣同士が戦う姿は、迫力があって、見てて飽きないから、夏休みに映画館で上映するにはもってこいですよね!お子様にも大人気*୧⃛(๑⃙⃘⁼̴̀꒳⁼̴́๑⃙⃘)୨⃛˚⋆


ってさ。


それは、つまるところストーリーもシンプルな感じになっちゃうのよね。子供が見ても楽しめる映画。それは、大人が見たら飽きちゃう映画なわけですよ。


「ゴジラ vs ビオランテ」って覚えてます?または、知っていますか?

その中で「スーパーX2」っていう対ゴジラ兵器が出てくるんですよ。ゴジラの熱線を跳ね返す発想とか、正直ワクワクしてたもんね、子供の頃。


人間が振り絞った知恵で、戦いを挑む姿が、ゴジラって映画の素敵なところなのよ。ゴジラを倒すのは、宇宙から飛来した怪獣でも、メカゴジラでもない。日本軍のハイテク兵器なんですよ。

今回の「シン・ゴジラ」のコンセプトに、現代日本にゴジラがやってきたら?っていうメッセージが入っているわけ。だから、使える技術とかは機銃だったり、ミサイルだったり、熱線を跳ね返すとかできないの。

でもね、現代社会の持っている武器や、物質でゴジラに対抗するわけ。みんなで協力して、みんなで戦って。その中にいろんな人間ドラマがあってさ。


これ一番最初に持ってきたけど、これが言いたかったの。

「俺が見たかったゴジラは、これなんだよぉぉっぉぉぉっぉ〜!ありがとう!!!庵野監督ぅ〜〜〜〜〜〜(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)」



生々しい演出が超リアル

撮影にiPhoneが使われてるってのは、見に行く前に知ってたわけさ。

「シン・ゴジラ」舞台裏を支えたのはiPhoneとiPad? 監督が明かす

iPhoneで撮影された動画って、私たち見慣れているのよ。そうすると、映画のスクリーンに映し出される動画のクセっていうのかな、手振れの仕方っていうのかな?すっごく見慣れた感じなの。

妙にリアルさを出してるのよ。画角の広さとかね。

それに加えて、現代日本人の平和ボケ感がものっすごくリアリティに溢れてた。


ゴジラが目の前にいるのに、スマホで撮影する日本人。避難警告でてるはずなのに、尻尾が頭上を通過するまで商店街から逃げない日本人。ゴジラがぶつかるまでマンションから逃げなかった日本人。

悲しいけど、それが今の日本人の姿なんだよね。

ゴジラ上陸するんだけど、1回逃げるのよ。視聴者は「危機を脱した〜よかった〜」って思ってるところで、まるでその心を読むかのように、即スクリーンの中でも日常に戻って暮らす日本人のシーンが入るわけ。

あれだけの巨大生物が日本に上陸したにもかかわらず、何事もなかったかのように学校に行く生徒たち。いろんな日常の声だけの演出で...この辺かなりエヴァっぽかった。

日本人の平和ボケを、すごく冷やかされている感じがしたのを、痛烈に感じちゃいました。


日本政府に対する皮肉

平和ボケ日本からのつながりで、日本政府に対する皮肉が面白かった。

あのね、この映画のメインテーマここか?!ってぐらい、映画始まってから、映画終わるまでず〜〜〜〜〜っと、霞ヶ関のコミカルなほど形式だって、誰かの意見がないと動けない体質を描いているの。


本当、面白いよココ。


くどいぐらい攻めてくるからwww ゴジラ出現で閣僚が会議するんだけど、各省庁のお偉いさんがメモを渡さないと各省庁ごとの意見なんて何も喋れないポンコツ政治家的な描き方。

もしも、本当に日本のトップがあんな感じで事態の対応をしているんだとしたら...すっごく怖くなったよorz 確かに、間違いは少ないのかもしれないけれど、いわれのない根拠だけが胸に引っかかった。

ゴジラへの攻撃をするのに自衛隊を動かすにも、承認が必要だったり、攻撃を総理がOKするんだけど、それも伝言ゲームのように人から人に伝えないと通らない無駄の多さ。

ゴジラって結局、大災害や原発を表しているわけなんだけれども、それに対する日本政府の対応って点では、東日本大震災当時の対応も...こんな感じで色々遅れたり、動けなかったりしたんだろうなぁ〜って、考えさせられました。


一撃必殺の熱線が面白い

男のロマンの中に、「一撃必殺」という単語があります。

今回のゴジラ、熱線がむちゃくちゃカッコイイ!


これまでのゴジラシリーズとは、存在感が全く違います。あれ、子供見たら泣くからwww

口なんてただ開くんじゃないからね、裂けるからwww縦にwww

一言だけ言えることは...


俺はこの熱線を待っていたんだ〜〜〜(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)



ってこと。これまでのゴジラシリーズが、熱線吐きすぎですよね。メインウェポンで、段数無限かよ!ってぐらい吐いてたもんねwww

でもさ、やっぱり違うのよ。核と一緒で、保有しているからこそ、使わないからこそ恐怖になる。ゴジラの熱線もそうであるべきなんですよ!


2回目の上陸で、東京のど真ん中で熱線を吐き出すシーンがあるんです。ものすごい量の熱を吐き出して、吐き出して、背中からもなんか飛び出しちゃって!

その巨大すぎる破壊力ののちに、ゴジラ動けなくなって活動を停止しちゃうんです。

ゴジラは生き物なのに、活動停止とか、その辺もエヴァっぽいねwww

そのぐらいの反動が、最強生物ゴジラにだって、あってもいいんですよ。

ポケモンの破壊光線だって、1ターン動けなくなるんですから。でも、打たれて当たったら相手プレイヤーは瀕死になるんですよ。強力な攻撃には、相応のリスクがあったほうが面白いんです。



それを、しっかり描いてくれた庵野監督には、本当に感謝の気持ちしかない。

↑この動画で、ほんのちょピリ熱線の恐怖とすごさが味わえます。でもね、BGMと合わさったあの熱線の恐怖というか、驚きというか、もうね...

あの熱線を見るためだけに、映画館に行ってもイイ!ってぐらい最高でした!



衝撃のラストが面白い次回作は?

今回のオチとしては、ゴジラと人間が共存していくというラストで飾られます。


福島県民としては、再稼働できず、害をなくすために時間を有する福島第二原子力発電所のことを思い出して、複雑な気持ちになりました。

サウンドオルビスの住んでいる場所は、100km以内となっていますが...正直、危険な状態に陥れば、ココだってどうなるかわかりません。

一見すると、事態は収束し、東日本大震災を乗り越え、日常を取り戻したかのように暮らしていますが。いつでも、あの時の恐怖は今か今かと目覚めの時を待っている。そんなメッセージを、ゴジラのラストから感じざるをえませんでした。


そして、衝撃のラストということで、ネタバレ情報で漏れていたりしますが...

エンドロールの前に、ゴジラの尻尾がクローズアップされるんですよね。その時に、尾っぽの先にくっ付いているのか、誕生してきているのか...

エイリアンとも、人とゴジラの合体したものとも言えない何かの存在があるんです。

顔は、こんな感じ。

こんな感じの尻尾に、ワラスボ顔の人型ゴジラがわんさかと。



果たして、これはイメージカットなのか、ゴジラの新たな進化なのか?それとも、人間がゴジラの細胞を採取して、新しい生き物を作ってしまった末路なのか?

真相は庵野監督しか知りませんけれども、個人的には次回作はないんでないかなぁ〜って思います。

正直なところ、ここにモスラとかキングギドラとか登場しても、同じテイストで仕上がるとは思えないし。いろんな大人の手が入って、子供向けにまたなっていってしまいそうで怖いから...


ワクワクしたいすべての人に見て欲しい!

というわけで、今回はシン・ゴジラの感想を長々と書いてしまいました。

いかがでしたか?感想を見て、少しでも見たいかも?何て思ってくれる人がいたら、嬉しいです。最後に今回の話をまとめますね。

  • シン・ゴジラは1チケット3000円以上の価値がある!
  • とんでもねぇ映画見ちゃった
  • ゴジラ対人間が素晴らしい
  • 生々しい演出が素晴らしい
  • 一撃必殺の熱線は絶対見るべき!
  • 衝撃のラストが恐ろしい
  • 次回作はないと思う

  • という流れでした。大人向けの作品だから、家族で行く場合には確実に、そのセリフの多さと難しさでお子様飽きるから、食べ物だけはしっかり持っていかないと失敗しますよ!

    流行のものは触らないよ!知らないふりするのが、カッコイイよ!みたいな風潮は、そろそろやめたほうがイイよ。こんなに楽しい世界を知らないなんて、損してる。

    ものは試し!試してみなけりゃわからない!

    老若男女、ゴジラにハマろう!


    ps.映画上映後、どんな人がシンゴジラ観に来てるんだろぉ〜って思い見渡してみると、7代ぐらいのおじいちゃん、おばあちゃんから、家族、カップルと、本当に多種多様な年齢層の人が来てました。

    君も乗り遅れるな!このビッグウェーブに!

    それでは、すべてのクリエイターに幸あらんことを。サウンドオルビス(@soundorbis)でした。

    Written by soundorbis

    YouTube総視聴回数「302,675回」・音源の総ダウンロード件数「123,114件」・利用報告「2,000件以上」の実績を持っているフリーBGMアーティストです。福島から、好きな”コト”発信して生きます。公式サイトsoundorbis.net


    この記事が良いと感じたら、シェアしよう!

    毎日、好きな”コト”配信中!!フォローしてね↓


    soundorbis.comの
    最新情報をキャッチ!!