MIDIキーボード「CTRL49」M-Audioから発売開始!付属音源が豪華!

8月 29, 2016
Ctrl49

この豊富すぎるボタンと音源は、企業努力の賜物だ!

M-Audioが、MIDIキーボード「CTRL49」の発売を開始しました。



CTRL49とは?

「CTRL49」は、セミウエイト・シンセアクション鍵盤採用の先進的な49鍵MIDIキーボード・コントローラー高解像度フルカラーディスプレイ搭載で、豊富な操作つまみを持ち、直感的に簡単にコントロールすることができる。



CTRL49の主な特長

  • プラグインのパラメーターをリアルタイムでフィードバックして表示する、4.3インチの高解像度フルカラーディスプレイ搭載
  • VSTプラグインのプリセット管理、マッピングコントロール、マルチパッチ作成などが可能なVIP(Virtual Instrument Player)ソフトウエア付属
  • アフタータッチ対応M-AUDIOカスタムのセミウェイト49鍵盤
  • DAWをシームレスにコントロールする9つのフェーダーと8つのボタン
  • 360°回転する8つのコントロール・ノブ
  • ベロシティ&アフタータッチ対応、RGBバックライト搭載の8つのドラムパッド
  • ロールモード、タイム・ディビジョン、パターン・アルペジエーター、タップテンポボタンエクスプレッション・ペダル端子、フットスイッチ端子、5ピンMIDI入出力端子
  • 付属ソフトウエア:Ableton Live Lite、AIR Creative FX Collection、AIR Vacuum Pro、AIR Loom、AIR Hybrid 3、AIR Xpand!2、AIR Velvet、AIR Transfuser、SONiVOX Eighty Eight Ensemble


操作系が豊富

「CTRL49」は、以下の操作系が揃っている。

  1. 9つのフェーダー
  2. トランスポートコントロール
  3. USB-MIDIキーボード・コントローラー

DTMerにとって、操作系が豊富なことは非常に嬉しい。シンプルなMIDIキーボードを買ってから、やっぱりツマミも欲しい!何てことになると、機材はゴミ溜めのように増えていく。

最初からこれだけの豊富なツマミ類が搭載されていることは、ありがたいことである。応用可能なキーボード。フレキシブルキーボードと言っても過言ではない。



↓フレキシブルキーボードが過言ではない

M-Audio USB-MIDIキーボード 49鍵 音源ソフト付き CTRL49

新品価格
¥49,800から
(2016/8/29 19:58時点)



音源が豊富

「CTRL49」は、グラフィカルな操作性と、豊富なつまみ類に目が行きがちだが、16GB/10,000サウンドを超える、パワフルなバーチャル・インストゥルメントとエフェクトプラグイン

  • AIR Music Technology
  • SONiVOX
  • の2社ブランドから提供を受けている点に注目すべきである。音源の豊富さこそ、初心者DTMerにとって福音である。協賛メーカー各社のバーチャル・インストゥルメント&ライブラリをVIPソフトウエアのSTOREメニューから直接購入可能であるため、必要に合わせて追加することもOKだ。


    付属ソフトウェア「Xpand!2」は、Pro Tools標準搭載されている音源。とても使いやすく、音も良い。他DAWユーザーは、持っておいて損はないマルチ音源。


    DTMerのみならず、音源が豊富であることは、パフォーマーにとっても力強い味方になってくれる。


    ↓パフォーマーの強い味方

    M-Audio USB-MIDIキーボード 49鍵 音源ソフト付き CTRL49

    新品価格
    ¥49,800から
    (2016/8/29 19:58時点)


    発売日と価格

    2016年8月24日(水)発売。

    市場予想価格: 49,800円(税込)


    購入は、M-AudioまたはAmazonなどの楽器販売店をご確認ください。

    下にリンクを載せておきますので、気になった方はどうぞ!

    CTRL49の公式サイト

    ↓購入はこちら(d ・`д・´)b

    M-Audio USB-MIDIキーボード 49鍵 音源ソフト付き CTRL49

    新品価格
    ¥49,800から
    (2016/8/29 19:58時点)

    Share this

    DOVA-SYNDROME所属のフリーBGMアーティストです。音楽制作や活動に関する最先端話を、記事にまとめています。 YouTubeチャンネルも、登録よろしくお願いします!

    Related Posts
    Previous
    Next Post »