ブログの文章は話し言葉のが読みやすいって話

10月 24, 2016

Bloghanasikotoba

narumiさんのブログを読んでそう思いました。

サウンドオルビス(@soundorbis)です。



ブログの文章は話し言葉のが読みやすい

いきなり敬語から始まったね笑。今日言いたい事はもう、タイトルの通り。

ブログの文章が敬語だと読みづらくないですか?読みづらいよね?

今ちょっと、部屋ん中が変な匂いで充満してる中で書いてるからうまくしこ回らないんだけれど…どうして話言葉の方が読みやすいのか考えてみたぞ!

 

1文章が長くなる

1番最初に思ったのが、コレだね。

 短く区切って方が絶対読みやすい。

1つの長い文章だと、スッて頭に入らない。

 

言い切りの形でわかりやすくしたほうが、読書も読みやすい。頭を使わなくていいからね。まぁ、ブロガーも頭使うの最小限だから楽チン。

お互いにwin-winになると思うから、よっぽど大切なことを伝えなきゃいけない時以外は話言葉で書いていってみようかな?

 

距離感が遠い

敬語ってさ、よそよそしいよね。

 壁1枚隔てている感じ。

 この場合は壁と言うよりも、ディスプレイですけどね。

 

文章から礼儀正しさを感じると、気軽に関われなくなる。だからといっていかれた単語並べているやつも、絡みづらいけどね(笑)

1番良いのは、キャラが見えてくる文体。

近ければいいってもんじゃないんだよね。この距離感については、サウンドオルビスも分析中だからまとまったらまた書くね。

 

難しい言葉使いたくなる

敬語でかくとさぁ、難しい言葉使いたくならない?私はなる。

 

「画一化された世界の標準化で、人工知能がもたらす平和とは?」

 

みたいなね。

 

一言で表すならば、人工知能は人間を支配しますか?ってことじゃない。でもわざと漢字とか、インテリぶりたくなる。嫌われるヤツ代表なのわかるけど、ついつい…使っちゃうんですよねー。

専門用語をなるべく使わないで、漢字も少なくして、眠くならない楽しい文章を書いていきたいんだよね。ちょっと意識しながらブログ書いてみようーっと。

 

まとめ

敬語を使うときは、必殺技の感覚で。

重要なことを伝えたい時、ここぞと言う時に敬語使ってみようと思います

自分の書いたブログがどうしようもなく読みづらいくて。narumiさんのブログを読みながらいろいろ分析したら今回の結論に行き着いた。

端的に、短く、話し言葉で。

まだまだ表面的だけど、徐々に骨と肉にしていきます。

あとはもう少し思考回路ラジオ前面に押し出せれば、今回の戦略がプラスに働くんだけどさぁ… YouTubeの埋め込みするとブログ重くなっちゃうから嫌なんだよねー。

それでは今回も読んでくださり、ありがとうございます。すべてのクリエイターに幸あらんことを。サウンドオルビス(@soundorbis)でした。

Share this

DOVA-SYNDROME所属のフリーBGMアーティストです。音楽制作や活動に関する最先端話を、記事にまとめています。 YouTubeチャンネルも、登録よろしくお願いします!

Related Posts
Previous
Next Post »