音楽で「生きる」を本気で追いかけるブログ

10.09.2016

発売延期の理由とは?PS4グランツーリスモSPORTは2017年までおあづけ

Gtspotenki

グランツーリスモSPORTが、安定の発売延期となりました。

サウンドオルビス(@soundorbis)です。

グランツーリスモ SPORT 発売延期

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、PlayStation®4用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』の日本国内に向けた発売日を、制作上の都合により

2016年11月15日(火)から2017年

延期することを決定したと伝えています。


クオリティに問題があったか?人員は十分のはずだが...

発売延期した以上、クオリティに問題があるのは確かだろう。

まこなこに掲載されていた内容ですが、それはあるのかもなぁ〜と納得する内容だったので、掲載いたします。まずクオリティの問題。

プレイ画面が変更されているので、進化した!別のゲームだ!って気がしますけれども。GT6の頃と比べてどこが進化した?って聞かれたら...答えられる自信がないです。わかる人には、きっとわかるのだろう。実車と比べてしまうからかな?

いかがでしょうか?↓

こっちは、東京ゲームショウ2016で行われたグランツーリスモSPORTスペシャルマッチのレースです。ますますGT6でも変わらない感じがあるね。そもそも、GT SPORTはネット回線で世界的なレース体験ができることだからさ。

会場でレースだけ見せられても、楽しさが伝わらないような気がします。どう思いますか?↓

もう一つ、まこなこで危惧されている問題について、まさしくということで、引用してみます。

PSVRのラインナップが貧弱に

2016年にPSVRで遊べるタイトルが、44本発売される予定でした。

この中から、GT SPORTの名前が消えるなんて...2016年中にPSVRを買う理由がなくなってしまったので、soundorbisは予約合戦を見守ることにしたのです( ´Д`)y━・~~


クオリティは、どうして低くなってしまったのでしょうか?結構、やれることをやりつくした感が開発チームの中にもあるのかな?

以前、ポリフォニーではGT SPOTに合わせて開発チームの人員を募集していたんです。開発リソースの部分では、問題なかったと思うのですが...

プレイユーザーは、優しく見守るしかないですね。


ソニー ダウンロード版の予約を取り消し

、PlayStation®Storeにて『グランツーリスモSPORT』ダウンロード版を予約購入されたお客様へは、発売時期が変更となりましたため、2016年9月中旬までに本商品の購入代金をお客様のウォレットにご返金いたします。

Twitterでは、厳しい意見も出ているようですね。

こうなると、スマホゲーや、PCでできるオンラインゲームのように開発しながら遊んでもらって、ユーザーの要望を聞きならがアップデートしていく方が、楽しいし、楽だし、早いんじゃないか?って気がしてくるね。


過去のGT(グランツーリスモ)シリーズの時はどうだった?

グランツーリスモシリーズの過去作品の発売と、延期の目安をまとめていたページがあったので、掲載しておきます。

□「グランツーリスモ5」2010年3月25日発売予定。 → 延期
制作上の都合により延期、この段階での開発進行度は90%と報告。
New! □「グランツーリスモ5」2010年11月3日発売予定。 → 延期
制作上の都合により延期。同封版の発売も延期。
New! □「グランツーリスモ5」2010年の年末商戦期に発売決定。

PS3グランツーリスモは発売延期新記録ですか

これを見れば、今回のGT SPORTの延期は、始まりにすぎないということがわかります(涙)

リンク先には、初代グランツーリスモからの発売と延期についても詳しく載っていますので、ぜひご参照下さい。そうすれば、少しは心も落ち着くはずです。


まとめ

発売延期の理由は、制作上の都合ということで、クオリティの問題。人員は十分だったはずなのにねぇ...過去作品の延期歴を見たら、「これはまだ始まりに過ぎない」って内容の記事でした!

いかがだったでしょうか?

今は、まさにこんな気持ち↓



...




楽しみにしてた夢見るバーチャルレーサーは、楽しみすぎた故に、怒りのパワーで覚醒しちゃうぐらい怒ってます。・゜・(ノД`)・゜・。

俺ハァァアァ〜〜〜〜〜怒ってますゾオォオ〜〜〜〜!!!



ハァハァ。



だが、これは始まりに過ぎない。俺たちの怒りの戦いはまだ、始まったばかりだ!!!!


おとなしく、PS4対応のハンコンでも眺めて、発売の続報を待ちたいと思います(泣)


はい。おしまい。

すべてのクリエイターGTレーサーに幸あらんことを。サウンドオルビス(@soundorbis)でした。

この記事を書いた人

サウンドオルビス(soundorbis)とは?

公式サイト:soundorbis.net

前の記事  以前の記事
次の記事  新しい記事