音楽×IT情報ブログ

火曜日, 1月 03, 2017

noteマガジンのハッシュタグが消えずに困るって話

Noteマガジンのハッシュタグが消えずに困るって話

サウンドオルビス(@soundorbis)です

ハッシュタグが消えない...

気がついてしまったまたひとつ...noteは何かと不具合っぽいのが多くてなぁ〜。というわけでnoteに参入する方々のために、足跡を残しておきますね



消えないハッシュタグ

note記事にハッシュタグをつけて、マガジンに追加します。すると右側に、カテゴリ分けされたように表示されますよね↓

Noteマガジンハッシュタグ消えずに困るって話01

この中に、「ゲーム(10)」と表示されているのですが...実はnote記事自体は「サウンドストック No.2」に移してあります。

Noteマガジンハッシュタグ消えずに困るって話02

移動後は「ゲーム」のカテゴリ表示は、消えるはずですよね?でも「ゲーム(10)」って表示が消えないままなんですよ。解決するためには、note自体からカテゴリを削除し直すか、マガジンを作り直さないといけない

問題なのは、noteマガジンはフォローすることができるんです。だから、マガジンの削除は死活問題というか...フォローしてくれた人の行動を無駄にしてしまうんですよ

う〜ん、困った


100曲越えると移動できない

削除できない問題を、解決するために試行錯誤していた時。ひとつ気がつきました

無料プランだとマガジンに、100記事までしか登録できないんです。無制限にするためには、月額500円のプレミアにしないとダメ

500円ならば払えるんですが、noteを初心者にオススメしたいので...無料プランでサウンドオルビスも環境を合わせて挑戦したいんです

スクリーンショット 2017 01 03 10 20 21

執筆する前の月までプレミア会員でした。ちなみにマガジンに100記事を超えて、解約するとグレースケールになります。削除も移動もできないのか?というと、そんなことはありません。

Noteマガジンハッシュタグ消えずに困るって話03

マガジンページの「ノートの並び替え・削除」から、マガジンから削除することはできますが...個別のnoteページからはできません。これが面倒orz

やはり、noteはTwitterのように流れるコンテンツを扱うのは得意ですが、まだまだストックとして機能させるには成長を見守る必要があるようです


解決するには...

これからnoteで楽曲を公開する人は、マガジンをこんな感じで分けるといいかも

  1. 楽曲ジャンルごとにマガジンを分ける
  2. マガジンのハッシュタグは最大2つまでにする
  3. フロー的に使うなら100曲ごとにマガジンを増やしていく
  4. noteのみに頼らず検索サイトを自前で用意する
  5. 100曲以降は、次のステップを探す

1について、ジャンルごとにマガジンを分けると、数が多くなる。探す方は楽だと思うので、この作戦は初心者向け。各ジャンルごとに100曲以上作るって、相当な手練れだから...できる頃にはnote+アルファを持ってるはず

2について、マガジンハッシュタグは、全曲リストのためのタグが一つと、ジャンルを示すハッシュタグを一つ。「#フリーBGM」「#EDM」みたいに、最小限にしておけば...ハッシュタグが消えない問題が起きても迅速に対応できると思う

3について、マガジン右側ハッシュタグに頼らず公開順にマガジンに適当に突っ込んでいくスタイル。ストック重視ではなく最速公開を挑む個人メディアっぽくて、個人的には好き!

4,5について、noteに頼らずに外部で検索サイトを作れれば、マガジンの不具合問題は解決できますよね。参考までに、soundorbisの公式サイト覗いてみてね!

公式プレイリスト - soundorbis.net


まとめ

noteマガジン機能は、2016年の後半にアップデートされ強化されました。まだまだ伸び代があるので、ストックとして活用できるようになれば...DTMer中級者にもオススメできるんですけどねぇ

サウンドオルビスも色々noteで実験中なので、何が一番良い活動の方法なのかまとめてみますね。今の所、YouTube+DOVA-SYNDROME+ニコニ・コモンズの組み合わせが最強な気がします

でもまぁ、弱点ばかり話しても仕方ありません。様々なツールを組み合わせて、誰に訴求したいのかをよく考えて活動していきましょう!参考になりましたら、幸いです

それでは今回も読んでくださり、ありがとうございます。すべてのクリエイターに幸あらんことを。サウンドオルビス(@soundorbis)でした

▼ soundorbisの最新情報を Facebookでチェック!