「音楽×テクノロジー」の話題を中心に、DTM、iPhone・iPad・Mac、最新テック情報、ガジェット・書評レビューなんでも書きます。ガンガンいこうぜ!みんなの訪問を、全力で待ってます。

5.29.2017

iPad Pro 10.5 vs 12.9 音楽制作で選ぶべきではないのは、どっち?


今回はiPad Pro 10 5インチの勝利 vs 12 9インチ徹底討論  1

photo iPad Pro - Apple

どうも。

フリーBGMアーティストのサウンドオルビス(@soundorbis)です。

 

2017年6月のWWDCで発表され、現在発売している新型 iPad Pro10.5 と 12.9 。音楽制作を視野に入れた選択なら、どちらのサイズを買うべきなのか? あなた、悩んでいるんですね?

ならば、お答えしましょう。ズバリ!!!!

 

10.5インチを買うべき!

 

なのです。今回は、どうして新型iPad Proは、10.5インチを選ぶべきなのか? って話を iPad を主に音楽制作で使っている私の個人的な意見を、書かせていただきました。ぜひ、参考にしてみてください。

音楽制作なら iPad Pro 12.9 インチは、選ぶべきではない

もう一回、言っておきますよ。サウンドオルビスがオススメするのは、12.9インチではなく...絶対に、

 

10.5インチを買うべき!

 

って話なんですよ。どうして、12.9 インチを選ぶべきではないのか? それには、3つの理由があるんです↓

その1:iPad Pro 12.9インチは重くて「音楽制作で使いづらい」

私は iPad Pro 12.9 インチを、音楽制作で主に使っていました。Garageband で、フリーBGM の下書きを作るんですよ。 iPad Pro をスタンドに立てて、キーボードを弾きながら演奏して、曲を作っていきます。

こんな感じで↓

 

今回はiPad Pro 10 5インチの勝利 vs 12 9インチ徹底討論  1

画像出典: 小規模スタジオに最適なモニター IK Multimedia iLoud Micro Monitor

ちょっと待てやぁあああああああああああああああ

待ってくれやぁ〜(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

据え置きにするなら、それはさすがにMacbook Proでエェやん!! 録音の度に、iPadの画面にタッチするの面倒くさいんじゃ〜〜〜! 

iPad Pro には、ジャイロスコープが搭載されてて、両手で画面を持って「グリグリ」音作りができたりするから楽しかったんじゃなかったけ?????

713g? めちゃ重だよ!!!

ってこと、Apple さんは理解してほしい。あと、ミキサー画面でMacの脇においておくっていたって、12.9インチだと机の上で存在感ありすぎて... ...

正直邪魔( ^ω^ )

12.9 インチがオススメできない 1 つ目の理由は... ...

「重くて音楽制作で使いづらい」 から

 

その2:12.9インチは「電子書籍を読まなくなる」

DTMer だって、本ぐらい読みます。電子書籍。最近だと、DTM の本も iPad で読めるようになってきました。最高です。

そんな時代に 12.9インチは、そんな DTMer の読書タイムさえその重みで潰そうというのか? だってね。12.9インチ使ってると、長時間持っていられないから、読書の時間が減るからね。

Pad Pro 10.5 インチだったら、軽いから。片手で持って、ページ送りもできるのよ。軽さはやっぱり正義。でもね...

 

iPad Pro 12.9インチは、そうはいかないのよwww?

 

540497

片手で持とうとすると、手のツボずっと、刺激してくれるから、あまりの重さと、指圧の心で、胃の調子が、むちゃくちゃ良くなったwww

なんて冗談を挟めつつだけど、本当に重いのよ。 12.9 インチを片手で持って本を読むと、 5 分と腕が保たないから。生活に支障をきたすレベル。震えだすんだからwww

 

Sick furue

「重たくて 重たくて 震える♪」

寝そべったり、片手で持てないiPad Pro 12.9 インチは、電子書籍を読むタイミングを、削りにかかってきてる。

12.9インチがオススメできない 2 つ目の理由は...

 

「重くて電子書籍を読まなくなる」 から

 

その3:12.9インチ「重すぎるのにMacに劣る」

重い、重いとさっきから連呼してるけどね。重いのがわかっていても、広い画面が良い!ってことで、12.9インチを選ぶ方々もいるでしょう。

でもね、もう一度考えてほしいんです。画面の大きさだったら、iPad 12.9 インチの高級タブレット買うよりも...

 

もう、Mac 買ったほうがよくない?

って話になっちゃんですよ。


iPadで音楽制作してると、「あれやりたいな?」「これやりたいな?」みたいなストレスって、まだまだ多いんです。

例えば、GaragebandでMIDIファイルを、オーディオで書き出したいのに、それはできません!とか。

iOSは、結局のところ、macOSの機能削減版なんですよ。現状ね。期待感はありますよ。iOS も、macOS も、お互いの機能がだんだん似てきていますし。

コンテンツを消費するにしたって、12.9 インチはあまりの重さで Macbook のように据え置きで使うしかないんです。 だって、手が震えるからwww

 

Sick furue

「重たくて 重たくて 震える♪」

2回目の登場ですが、そろそろ腕の震えを止めてあげて! 涙

どうすれば良いのか? iPad Pro の 10 万円オーバーのお金を出すぐらいなら Macbook 買っちゃいましょう。そのほうが高機能な DAW で、より効率的に音楽制作を始めることができます。

そんなわけで、12.9インチがオススメできない 3 つ目の理由は... ...

「重すぎるのにMacに劣る」 からです。

 

iPad Pro で音楽制作する予定の方々、 10.5 インチを買う準備はできましたか?

まとめます↓

  1. 12.9インチは重くて「音楽制作で使いづらい」
  2. 12.9インチは「電子書籍を読まなくなる」
  3. 12.9インチ「重すぎるのにMacに劣る」

完全に気がついちゃいましたね。あの高級巨大タブレットは...

 

重い・デカイ・高い

っていう、ODT(重い・デカイ・高い)を達成しております。(※あくまでも個人的な感想)⁾

その中で特に、重いってことが、最大の弱点になっています。重さのことを少しでも考えちゃう人は、10.5 インチを選ばないと、絶対に後悔しますよ。

さて、 iPad を音楽制作で使ってみたい皆様の 10.5 インチ vs 12.9 インチの壮絶な悩み、解消することはできたでしょうか? iPad Pro 10.5 インチ買ったよ〜! って声が、たくさん届く日を、楽しみにしています。

 

Apple iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi 256GB MPF02J/A [シルバー]
アップル
売り上げランキング: 49,104

 

それじゃあ、サウンドオルビス(@soundorbis)でした。

soundorbis
このブログを書いてる人
サウンドオルビス フリーBGM アーティスト

よく一緒に読まれている記事

以前の記事  以前の記事
新しい記事  新しい記事