「音楽×テクノロジー」の話題を中心に、DTM、iPhone・iPad・Mac、最新テック情報、ガジェット・書評レビューなんでも書きます。ガンガンいこうぜ!みんなの訪問を、全力で待ってます。

5.15.2017

徹底レビュー!!サンワサプライ「リングマウス2」は肩こり解消にもオススメ


肩こり解消にオススメ サンワサプライ リングマウス2

買っちゃった!

指にはめて使うタイプのリングマウス、探してたんですよ。サンワダイレクトさんから、「リングマウス2」に関するメールが届いたので、思わず衝動買い。使ってみたら想像以上の完成度でした。

だから今回は、「リングマウス2」に興味を持ってこのページに来てくれた人のために、その魅力を伝えたくて徹底レビューを書いていきますよぉ〜↓



「リングマウス2」とは?

リングマウス201

リングマウス2は、プレゼンや、自宅のソファで寝ながら指にはめたマウスで、パソコンのカーソル操作ができる指輪型のマウスのことです。2.4GHzのワイヤレス接続で、バッテリー充電が満タンで「約10時間程度の連続使用」ができるんです。

また、指にはめて楽チンな姿勢で操作できるので、パソコン操作にありがちな長時間同じ姿勢になってしまう状態を、解消することができますよ。

パソコンで文章を書く場合など、長い時間同じ姿勢で座っていることの多い人にとっては、まさに至高のガジェット!という訳なんです。


詳しいスペックは、公式が一番!販売ページの美しさ&分かりやすさ、抜群です。見習いたい↓

リングマウス2(指輪マウス・5ボタン・ボタン割り付け・プレゼンテーション・カウント切替・充電式) 400-MA077の販売商品 | 通販ならサンワサプライ

「リングマウス2」の付属品

リングマウス2 付属品
  1. リングマウス2
  2. レシーバー
  3. 充電用USBケーブル
  4. 携帯用ポーチ

付属品並べると、こんな感じ↑

持ち運びに便利なポーチもついているし、巻き取り式のUSBコード(77cmもあります!)までついてる。至れり尽くせりです(涙)仕事のパワーポイントを使ったプレゼンで、重宝しますね。ポケット入れといて、サッと取り出すビジネスマン!カッコいいです( ´∀`)

それじゃあ、早速。

サンワサプライ「リングマウス2」の徹底レビュー、いってみましょう〜(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎


リングマウス2の徹底レビュー

実際に「リングマウス2」を購入して、今感じていることは次のようなことです↓

  1. 指で操作するから肩こりが減る
  2. 操作系が抜群にいい
  3. 画面から離れて操作できる
  4. Android端末でも使える?
  5. 「リングマウス2」本体が軽い
  6. レシーバー刺せばすぐ使える
  7. キーボードからマウスに手の移動がなくなる
  8. 1ピクセルを扱う仕事には向いていない
  9. ポケットの中での操作は?

それでは一つずつ、詳しく書いていきます↓


指で操作するから肩こりが減る

まず最初に、「リングマウス2」を使うことによって、肩こりが減る!!ってことを、皆さんにお伝えしたいですね。

やっぱり、常に机の上にあるマウスを触っていると...どうしても手首で動かしてしまって、肩が長時間同じ姿勢になってしまう。そうすると、肩の筋肉がどんどん硬くなる。結果、無茶苦茶な肩こりに悩まされてたんですよね。

姿勢が楽になるって、素晴らしい!!!

腕を下げた状態で作業できるのも、疲れていても納期に迫られるビジネスマンが休む間も惜しんで仕事しているみたいで、超クール自宅で使っているときは、完全にダメ人間みたいだけどwwww

「リングマウス2」のおかげで「自由な姿勢になれる」ことで、肩こりが減りました。


操作系が抜群にいい

どうですか〜?動画、見ていただけましたか?想像以上にスムーズな操作系で、びっくりしました。所詮はユニーク商品なんだろうな?ぐらいの気持ちで買うと、めっちゃ驚きます。嬉しい意味で裏切ってくれますよ。

そして、操作系も抜群にツボを押さえていて、使っていて気持ちがいい。直感的に使えるんです。ボタンの配置はこんな感じ↓

標準で5ボタン

「スクロールモード」ボタンを押した後、縦と横にスクロールできます。「ドラッグボタン」が搭載されているので、ウィンドウを動かすことももちろん可能です。操作系は、普通のマウスと遜色なくできます

不満な点を無理やり出すとすれば...

中央のカーソフセンサー部分が、プラスチック感があってペコペコした感触があるってことかな。ちょっとだけ、残念。夏になってくると滑りが悪くなってきそうで、不安を感じております。プレゼンだと手汗かくしね、つるつるした素材だと嬉しいかも?


マウスの動くの速さ「カウント切り替えボタン」で選べます

カウント切り替えボタン

「リングマウス2」には、「カウント切り替えボタン」が標準で付いています。マウスの動きの大きさを、”500・1000・1500・2000”の4段階で選ぶことができます。

「カウント切り替えボタン長押し」すると、本体正面の「青色ランプが光る」と、切り替えの合図です。個人的な設定は、細かく動かしたい派なのでいつも「500」に設定しています。

大きなディスプレイで操作する場合でも「1000」ぐらいから、テキパキと操作できるようになります。万人に受け入れられるように、DPI値が大きく設定されているのは嬉しいことですね。


Mac対応は?

Macで使う場合は、「戻る」ボタンを使えません。Safariの戻るボタンまでカーソルを動かす必要があります。それでも、肩こりが解消されることを思えば、トントンです(笑)

WindowsのOSを使っているユーザーは、フルで機能を使えるので安心です。マウス機能の拡張もできるので、Windowsの方は専用ドライバをダウンロードして、自分が使いやすいようにカスタマイズすることもできますよ!

ボタン割付機能

Macユーザーの私にとっては、悔しい話ですが(汗)


画面から離れて操作できる

プレゼンでの利用が、本来の使い方なので当然、画面から離れて使えます。接続はレシーバーを利用した、2.4GHzのBluetooth接続。

5mぐらい離れて使ってみましたが、問題なく接続されていました。離れても安定して接続、操作できるってのはビジネスでの利用シーンで、とても安心できますね。

普段の生活で使う場合も、ちょっと目が疲れてきたな?と思ったら、「リングマウス2」に切り替えて、動画鑑賞やwebブラウジングするようにしています。

肩こりだけじゃなくて、目の疲れにも有効なガジェットなんですよ。


Android端末でも使える?

windows・Macが動作対象となっていますが、別売りの変換ケーブルを用意すればAndroidのスマートフォン端末で、こちらの動画のように↓

マウスカーソルを操作することができるって情報をキャッチしました。携帯の端末をお客様にメインで見せながら、指にはめた「リングマウス2」で操作。商談が捗るかもしれませんね!

ただ正式にはサポートされていない使い方なので、試す方は自己責任で!


「リングマウス2」本体が軽い

軽さ10g以下

「リングマウス2」本体の軽さは、10g未満。なんと、9.6gとなっています。

「リングマウス2」を使う時って、こんな感じでキーボード打ちながら、マウス操作になるんですけれども↓

リングアウス2key操作

リングマウスつけながらキーボードを打っても、邪魔じゃないのよ。固定するパーツも柔らかくてしっかり樹脂みたいなの使ってるから、ズレないし違和感がない。かと言って、キツすぎないからどんな指にも対応するフィット感がある。

ちなみに画像の位置につけてると、マウスの操作ができないんだよね。だから第2関節のところまで「リングマウス2」移動するんだけど、全部片手でできちゃうから。本体軽いから。

意外と、この操作ができるか不安って人も多いけど、問題ないです。だって、本体軽いから(笑)


レシーバー刺せばすぐ使える

スイッチON

Windows、Macどちらの場合も、USB端子にレシーバーを刺して、スイッチを「ON」にすれば簡単に使い始めることができます。スイッチは、本体の左側に付いています。ちょっと硬めなので、力を入れて「ON」にしてあげる必要があります。

プレゼンに使おうと思うと、当然マウスを持ち運ぶ必要があります。その場合も大丈夫。「本体」と「レシーバー」を合体して持ち運ぶことができます。どういうことかというと?それでは僭越ながら...


パイルダーーーオーーーン!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

レシーバー持ち運べる

ね?安心でしょ?結構きつめに入ってくれるので、落っことす心配はありません。こういう気遣い、嬉しいですね。合体なんて、男心をくすぐるガジェットですわwwww


キーボードからマウスに手の移動がなくなる

本体が軽いから、指にマウスつけたままキーボード打っても問題ない!ってことには、分かってもらえましたね。すると、何が起こるのか?っていうと...

今度は、キーボードの上に手を置いたまま完全にパソコンを操作することができるようになります。まぁ、それって結局、長時間同じ姿勢になっちゃうから肩こり解消にはなっていないんだけどさ。

例えば、肩を横に動かせない「骨折」しちゃったとか。デスクの面積が小さくて、マウスを置く場所がない!みたいなことってあるじゃないですか?そんな時に「リングマウス2」は大活躍しちゃいますよ。


1ピクセルを扱う仕事には向いていない

webブラウジングや、動画視聴、プレゼンなどのパワーポイント操作については、普通のマウスと同じ感覚で使えます。むしろ、リングマウス2のおかげで自由を勝ち取ることができます。

しかし!1ピクセルを扱うような仕事には、ちょっと向いていないかもしれません。

例えば、FPS系のゲームをするといった使い方はかなり厳しいと思います。あまりにも速すぎる操作をすると、カーソルが誤作動して、画面端から画面端まで瞬間移動していることがあるんです。

私の環境がMacbook Pro2016での利用のために起こることで、Windowsの場合は異なるかもしれません。

ネットの世界で「〜ガチ勢」と言われている方々が、メインのマウスとして期待できるのか?と言われたら、違うマウスを勧めるかな?ぐらいの話なので、普段使いだったら十分実用的な一品です。


ポケットの中での操作は?

ポケットの中に手を入れて、操作してみました。う〜ん。


問題なく操作できる時もあります。


おそらく、サンワサプライさんの「リングマウス2」って、赤外線で指の指紋凹凸を判断してカーソルを動かしてるんですよ。ちょっとでも光があれば、動きますが...本当に真っ暗な場所になると、動かなくなります。

ちょっと薄手の服の中だったら動くけど、厚めの光を通さない服だと、たぶん無理。

友達とのドッキリで、突然マウスが勝手に動いた!みたいな演出できそうだけど、ポケットの中に忍ばして操作だと、失敗するかもしれないから止めとこうか?www


まとめ

最後に、まとめます↓

  1. 指で操作するから肩こりが減る
  2. 操作系が抜群にいい
  3. 画面から離れて操作できる
  4. Android端末でも使える?
  5. 「リングマウス2」本体が軽い
  6. レシーバー刺せばすぐ使える
  7. キーボードからマウスに手の移動がなくなる
  8. 1ピクセルを扱う仕事には向いていない
  9. ポケットの中での操作は?

みなさんの気になっていたことは、あったでしょうか?サンワサプライの「リングマウス2」を実際に購入した徹底レビューでした。ほんのすこしでも「リングマウス2」の魅力をお伝えできていたら幸いです。

ウェアラブルデバイスが流行ったんだから、指輪型のリングマウスがそろそろ来てもいいんじゃないか?って本気で思っています。そのうち、指先から電気信号受け取って、考えるだけでマウスカーソル動かせるようになるんじゃないかな?

サンワサプライさん!そんな感じのガジェットの発売予定はありますか?www 2020年のオリンピックごろには、製品化されてますか?これからの痒いところに手が届く、サンワサプライさんのガジェットに注目していきたいです!


それじゃあ、今回はこの辺で!この記事がイイって感じた人は、ためらわず記事下コメント&シェアボタンから教えてください。soundorbisについてもっと知りたい方は→(soundorbis.net)、ブログで取り上げて欲しい話題や疑問は→メールフォームからご応募ください。

それでは、すべてのガジェットオタクに幸あらんことを。サウンドオルビス(@soundorbis)でした!


購入リンク

soundorbis
このブログを書いてる人
サウンドオルビス フリーBGM アーティスト

よく一緒に読まれている記事

以前の記事  以前の記事
新しい記事  新しい記事