「音楽×テクノロジー」の話題を中心に、DTM、iPhone・iPad・Mac、最新テック情報、ガジェット・書評レビューなんでも書きます。ガンガンいこうぜ!みんなの訪問を、全力で待ってます。

5.28.2017

サーチコンソールで「低品質ブログ記事の見つけ方」をマスターしようって話


サーチコンソールで 低品質ブログ記事の見つけ方

 

おるびす先生!低品質なブログ記事を、簡単に見つける方法ってありませんか?

もちろん、あるよ?これまた、 サーチコンソールを使うんだ。

サーチコンソール万能ですね!

 

どうも、サウンドオルビス(@soundorbis)です。

100 記事を超え始めると、低品質記事を探すのたいへん。整理すれば、Google の評価が上がるといわれてもめんどくさい。

そんなあなたに夢のようなサービス「サーチコンソール」をご紹介します。低品質記事を、わかりやすくリスト化して教えてくれるんです。さあ一緒にブログの低品質な記事たちを、削除していきましょう。

 

サーチコンソールで低品質記事を見つける方法

まずは、「サーチコンソール」にアクセスします。

サーチコンソール(旧名:Google ウェブマスターツール)

 

STEP 1:[検索トラフィック]の[検索アナリティクス]を開く

低品質記事削除1

サーチコンソール左サイドバー 検索トラフィック - 検索アナリティクス をクリック。

 

STEP 2:[クリック数][検索順位][ページ]にチェックする

低品質記事削除2

検索アナリティクスが表示されたら、下記の項目を選択してください。

  • クリック数
  • 検索順位
  • ページ

クリック数とは、インデックスされた記事がどれだけクリックをされたのか?ってこと。

検索順位は、クエリと呼ばれる検索ワードで検索された時の「検索順位」のこと。

ページとは、まさしくあなたのブログ記事のことです。

選択すると、STEP 3 の画面が表示されます↓

 

STEP 3:検索順位をクリックして最下位から削除しよう

低品質記事削除3

画像右の 検索順位 をクリックすると、低い方から表示できます。

ページアドレス横の から、リンクで飛べるんですが、これがすっごい便利。

 

低品質記事削除5

Blogger の場合は... ...開いたページのタイトルをコピーして、検索。

 

低品質記事削除6

ブログの管理画面から、記事を削除できるんです。効率的。

 

ね?簡単でしょ?これで君も、サーチコンソールで低品質記事を見つけるスペシャリストだ!!

 

必ずしも最下位から削除しなくても、良い場合

  1. 検索順位が低いのに、クリック数が0じゃない場合
  2. クリック数が多いのに、検索順位が低い場合

この2つに限っては、惹かれない記事のタイトルが原因でアクセスが伸びないのかもしれない。タイトルはいいのに、内容が悪いのかもしれない?ってことで、削除はしないほうがいい。

削除しない代わりに、リライトをして検索ユーザー、読者が読みたい記事に作り変えてあげるべきですね。

やみくもに最下位から削除していくと、もったいない!!!ってことがあるので、気をつけながら削除していきましょう。

 

サーチコンソールから、低品質記事を削除しよう

サーチコンソールを使った「低品質ブログ記事の見つけ方」を、まとめます。

  1. [検索トラフィック]の[検索アナリティクス]を開く
  2. [クリック数][検索順位][ページ]にチェックする
  3. 検索順位をクリックして最下位から削除しよう

さぁ、一緒に「低品質ブログ記事」を削除して、100万PV目指そうぜ!

 

すごい、分かりやすいです!

低品質記事の中でも、優先的に削除していくべきページがわかると、助かるよね。この調子で、100万PV目指していこう。

はい!おるびす先生...でも、おるびす先生のブログは、まだ5万PVぐらいじゃなかったでしたっけ?どんなお立場からの発言ですか?(笑)

(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

いやはや、助手ちゃんは手厳しい。笑

過去記事を整理するのに、サーチコンソールの使い方は覚えていて損はないですね。ちなみに私のブログ 213 位でもっとも検索順位が低かった記事は

ウンコ通知デバイスの記事でした!

 

低品質記事削除4

個人的に好きな記事でしたが、読まれなければ意味がないので、削除。泣

過去記事を整理は、断捨離。つらい作業です。ここを耐える事で、アクセスアップにつながります。一緒に頑張っていきましょうね!

 

それじゃあ、サウンドオルビス(@soundorbis)でした。

soundorbis
このブログを書いてる人
サウンドオルビス フリーBGM アーティスト

よく一緒に読まれている記事

以前の記事  以前の記事
新しい記事  新しい記事