音楽で「生きる」を本気で追いかけるブログ

5.28.2017

サーチコンソールで「低品質ブログ記事の見つけ方」をマスターしようって話

サーチコンソールで 低品質ブログ記事の見つけ方

おるびす先生!低品質なブログ記事を、簡単に見つける方法ってありませんか?

もちろん、あるよ?これまた、 サーチコンソールを使うんだ。

サーチコンソール万能ですね!

サウンドオルビス(@soundorbis)です。

ブログの過去記事を削除して整理することが、検索上位を狙えるってことは、分かっています。

だけど、面倒臭いんだよねぇ〜。

記事数が100を超え始めると、低品質記事がどれなのか...探すのも大変。できたら、Googleのサービスで、検索順位が分かって、クリックされていない記事をリスト化してくれる楽チンなサービスでもあったらなぁ〜

なんて考えているみんなに、教えちゃいます。

実はあるんですよ、そんな夢のようなサービスが!それこそ、サーチコンソール!!!

自分のブログの低品質記事を、わかりやすくリスト化して教えてくれるんです。さあ一緒に、削除していきましょう。それでは、手順を説明します↓


サーチコンソールで低品質記事を見つける方法

まずは、「サーチコンソール」を開きます↓

これを開かないことには、何にも始まらんからね(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾


STEP 1:[検索トラフィック]の[検索アナリティクス]を開く

低品質記事削除1

サーチコンソール左サイドバーの[検索トラフィック] - [検索アナリティクス]を開きます。


STEP 2:[クリック数][検索順位][ページ]にチェックする

低品質記事削除2

検索アナリティクスが表示されたら、下記の項目を選択してください。

  • クリック数
  • 検索順位
  • ページ

クリック数とは、インデックスされた記事がどれだけクリックをされたのか?ってこと。

検索順位は、クエリと呼ばれる検索ワードで検索された時の「検索順位」のこと。

ページとは、まさしくあなたのブログ記事のことです。

選択すると、STEP 3の画面が表示されます↓


STEP 3:検索順位をクリックして最下位から削除しよう

低品質記事削除3

検索順位をクリックすると、順位が低い順に並べ替えることができます。


左側のページ項目の」から、各ページにリンクで飛べるんですが、これがすっごい便利。Bloggerの場合は...

開いたページのタイトルをコピーして、検索窓に貼り付けて↓


低品質記事削除5

ブログの管理画面から、記事を削除しちゃいましょう↓


低品質記事削除6

ね?簡単でしょ?これで君も、サーチコンソールで低品質記事を見つけるスペシャリストだ!!


必ずしも最下位から削除しなくても、良い場合

  1. 検索順位が低いのに、クリック数が0じゃない場合
  2. クリック数が多いのに、検索順位が低い場合

この2つに限っては、惹かれない記事のタイトルが原因でアクセスが伸びないのかもしれない。タイトルはいいのに、内容が悪いのかもしれない?ってことで、削除はしないほうがいい。

削除しない代わりに、リライトをして検索ユーザー、読者が読みたい記事に作り変えてあげるべきですね。

やみくもに最下位から削除していくと、もったいない!!!ってことがあるので、気をつけながら削除していきましょうね。


サーチコンソールから、低品質記事を削除しよう

まとめ、いきますね↓

    サーチコンソールを使った「低品質ブログ記事の見つけ方」

  1. [検索トラフィック]の[検索アナリティクス]を開く
  2. [クリック数][検索順位][ページ]にチェックする
  3. 検索順位をクリックして最下位から削除しよう

さぁ、一緒に「低品質ブログ記事」を削除して、100万PV目指そうぜ↓


まとめ

すごい、分かりやすいです!

低品質記事の中でも、優先的に削除していくべきページがわかると、助かるよね。この調子で、100万PV目指していこう。

はい!おるびす先生...でも、おるびす先生のブログは、まだ5万PVぐらいじゃなかったでしたっけ?どんなお立場からの発言ですか?(笑)

(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

いやはや、助手ちゃんは手厳しいwww

何れにしても、100万PVブロガーを目指すなら、サーチコンソールの使い方を覚えるのは必須ですね(笑)

ちなみに213位の記事は...ウンコの通知デバイスの記事でした(笑)こんな記事↓

低品質記事削除4

個人的には好きだったんですけどねぇ..読まれなければ意味がないので、下書き保存で削除しちゃいました。


過去記事を削除する作業は、コンテンツを作り出すというか、断捨離。身を削る思いの作業。苦しい戦いの時間ですが、ここを耐える事で、アクセスアップにつながります。一緒に頑張っていきましょう!


それじゃあ今回は、この辺で!!

この記事がイイと感じたら、ためらわず記事下からシェアしてくださいね!soundorbisの音楽は→公式サイト(soundorbis.net)。ブログで取り上げて欲しい話題や疑問は→メールフォームから、どしどしご応募ください。

すべての”サーチコンソールマスターに”幸あらんことを。
サウンドオルビス(@soundorbis)でした!!

サーチコンソールマスターに、俺はなる!

タグ:

この記事を書いた人

サウンドオルビス(soundorbis)とは?

公式サイト:soundorbis.net

以前の記事  以前の記事
新しい記事  新しい記事