「音楽×テクノロジー」の話題を中心に、DTM、iPhone・iPad・Mac、最新テック情報、ガジェット・書評レビューなんでも書きます。ガンガンいこうぜ!みんなの訪問を、全力で待ってます。

5.28.2017

削除したブログ記事を「インデックスから消す方法」


Error 2129569 1280

おるびす先生の「過去記事削除がアクセスアップにつながる」記事を読んで、試してみたんですが...

おっ!良い傾向だね、助手ちゃん。何か問題でもあったかい?

はい...実は、Google検索に削除したページがずっと残っていて、困っているんです。何か、解決法ありませんか?

もちろん知っているよ。「サーチコンソール」を使うんだ。

サーチコンソール?

 

サーチコンソールを使って検索のインデックスから削除する方法

どうも、サウンドオルビス(@soundorbis)です。

記事を削除したのに、検索エンジンのインデックスから消えないことがあります。読者にせっかくクリックしてもらったのに「その記事は存在しません」では、いつまでたってもファンの獲得はできません。

今回は、過去記事を削除したときに、Google の検索インデックスに残ってしまった記事を削除する方法を、ご紹介します。

 

ステップ1:サーチコンソールの「URLの削除」を開く

まずは「サーとコンソール」に、アクセスしてください。

https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

 

Step1

自分のブログのダッッシュボードを開く。Google インデックス - URLの削除をクリック。

 

ステップ2:「一時的に非表示にする」から、削除したいURLを申請する。

「一時的に非表示にする」をクリックして、非表示にするサイトのURLを入力。

Step2

「続行」をクリックして、次のステップへ↓


ステップ3:リクエストを送信して、完了

Step3

リクエストタイプには、次の3つがあります。

  • 検索結果でページを一時的に非表示にし、キャッシュから削除する
  • キャッシュからのみページを削除
  • 一時的にディレクトリを非表示にする

「検索結果でページを一時的に非表示にし、キャッシュから削除する」を選んで、削除のリクエストを送信します。

以上です。お疲れ様でした。


ステータスが「削除されました」になるまで待とう

記事を削除申請したら、その日の午後にはインデックスから消えていました。削除後もしばらくは、再登録も可能となっています。その期間を過ぎると...

 

期限切れ

こんな感じで、ステータスが期限切れと表示されます。過去は2度と戻らない、今生の別れとなるわけですね(涙)

過去記事さん、ありがとう〜〜〜(涙)


実はURL削除しなくても、大丈夫です。

実は、インデックスされている記事をやみくもに削除するのは、危険も伴います。

URL削除の申請は、Google様が決めたことにイチャモンをつける!みたいなところがありますからね(汗)

記事が削除された場合、Googleの方でクローラーが巡回して、インデックスから自動的に消されるようになっています。では、どうして削除された記事が404記事で残ってしまうのか?というと、

 

ミスやトラブルで404を発生させてしまっていたとしてもすぐに消していなければ、インデックスに復活しやすくなるからです。

存在しない404エラーページがGoogleのインデックスからなかなか消えないのはなぜ?

という理由があるそうなんです。確かに、間違って削除しても復活できる術があったほうが、絶対にいいですもんね。ネット界の神様も、こうした慈悲の心があるかと思うと...

神は生きてる!って実感できるね。


インデックスから消す方法のまとめ

それでは、ブログの削除した記事を「インデックスから消す方法」をまとめます↓

  1. ステップ1:サーチコンソールの「URLの削除」を開く
  2. ステップ2:「一時的に非表示にする」から、削除したいURLを申請する。
  3. ステップ3:リクエストを送信して、完了

どうしても過去記事を削除した場合に、気になる方だけ試してみてください。

 

おるびす先生、ありがとうございました。無事に検索結果から、削除したページが消えています!

どういたしまして、さっきも書いた通り、あまり多用は禁物だよ。自然の流れに乗ることが重要です。

はい!

 

以上。サウンドオルビス(@soundorbis)でした。

soundorbis
このブログを書いてる人
サウンドオルビス フリーBGM アーティスト

よく一緒に読まれている記事

以前の記事  以前の記事
新しい記事  新しい記事