音楽で「生きる」を本気で追いかけるブログ

6.07.2017

iPad ProでDTMを始める人が用意すべきオススメ機材5選

IPad ProでDTMを始める人が用意すべきオススメ機材5選

サウンドオルビス(@soundorbis)です。

iPad Proは、もはや手放すのことのできない音楽機材の一つになりました。ですが、iOSやLightningといったMacには無い独自の規格のせいで、どの機材を選ぶべきなのか悩みますよね?

今回の記事は、iPad ProでDTM(音楽を作ること)を始める人が用意すべき、音楽機材5選です。

それでは、お楽しみください↓


iPad ProでDTMを始める人が用意すべき音楽機材5選

今回ご紹介する5つの機材は、Macでも使うことができます。iPad ProでDTMに慣れてきたら、Macを購入して次のステップに進みたい!そんな場合でも、余計な機材になりません。ご安心ください。

それでは、順に見ていきましょう↓


その1:KORG モバイルMIDIキーボード nanoKEY Studio

KORG モバイルMIDIキーボード nanoKEY Studio

これは、絶対買っておいた方がいい。

サウンドオルビスも、愛用しています。KORGさんの「KORG モバイルMIDIキーボード nanoKEY Studio」です。せっかくiPad ProでDTMをするんですから、コードは極力無い方がオシャレですよね。Bluetoothで接続して、MIDIキーボードとして使うことができます。

ピアノとか、エレピとか、アコースティックギターの音源が、めっちゃ盛りだくさんの無料音楽アプリが付いてくる。買ったら即日iPad ProでDTMを楽しむことができますよ。これがほんと嬉しい。詳しくは、「nanoKEY Studio - MOBILE MIDI KEYBOARD | KORG (Japan)」をご覧ください。

KORG モバイルMIDIキーボード nanoKEY Studio
KORG (2016-05-28)
売り上げランキング: 1,317

その2:IK Multimedia iRig Pro I/O

Irig pro io 686

Photo iRig Pro I/O — ポケット・サイズのモバイル・スタジオ

オーティオ/MIDIインターフェースを、買いましょう。コンデンサー・マイク、キーボード、エレキギター、ベースをiPad Proに接続できる機材です。iPad用は種類が少ないですね。その中でも、最新で機能豊富な「iRig Pro I/O」は、選択肢の一つとしてとても魅力的です。

発売は2017年6月中旬予定で、IKのオンラインストア予約が開始されています。現行のiRig Proは、3.5mmイヤホンジャックが付いていません。今後iPad Proらイヤホンジャックが無くなっても良いように、「iRig Pro I/O」を選ぶようにしましょう。

後から出費が増えないので、オススメです。予約は、こちらの公式サイトからどうぞ↓


その3:SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

オーディオインターフェースを用意したら、モニタリンヘッドフォンを用意します。SONYのMDR-900STなら、初心者からDTMのプロまで、幅広くカバーすることができます。モニタリング時に、安心と信頼感が必要なら、迷わず買っておくべきですね。

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST
ソニー(SONY)
売り上げランキング: 57

MDR-CD900STは、ケーブルの先端が、標準プラグになっています。太いタイプですね。

Plug 185031 1280

iRig Pro I/Oには、3.5mmステレオ・ヘッドフォン出力端子が付いています。そのままでは接続できないので、下記のステレオ標準に変換するアダプタを購入しておきましょう。

audio-technica GOLD LINK Fine プラグアダプター ステレオ標準 - ステレオミニ AT519CS
オーディオテクニカ (2007-08-24)
売り上げランキング: 4,916

その4:エレキギター

SELDER セルダー エレキギター ストラトキャスタータイプ ST-16/BK 初心者入門ベーシックセット

アプリで音楽制作していると、内部音源がしょぼいなぁ〜って感じる時ありませんか?そんな時は、エレキギターを左右に配置して演奏するだけで、グッと気持ちよく音楽制作を進めることができます。

iRig Pro I/Oを購入した方であれば、総額60,000円を超えるアプリが付属しきます。AmpliTube for iOSフルバージョンの機能制限を解除したら、ギャンギャンあなたのロックな思いをiPad Proにぶつけてみてください。


その5:マイク ZOOM iQ7

ZOOM ズーム MSステレオマイクロフォン iPhone  iPad 用 iQ7

最後は、ZOOMさんのLightning接続マイク「iQ7」です。あれ?コンデンサーマイクのRODE NT1-Aあたりが来ると思いましたか?残念。iPad Proで、せっかくシンプルな構成のDTMを楽しめるんですよ?マイクスタンド使うぐらいなら、初めからMacで制作を始めた方が良いですね。

いつでも、どこでも、ボーカルや環境音を収録できるマイク。小型でLightning接続のできる「iQ7」は、超絶オススメです。iPhoneに直挿しすれば、歌ってみたでも通用するコンデンサーマイクとして使うことができます。

ZOOM ズーム MSステレオマイクロフォン iPhone / iPad 用 iQ7
ZOOM(ズーム) (2014-08-13)
売り上げランキング: 87

アプリで音楽制作するなら、iPad Pro 10.5インチ

スクリーンショット 2017 06 07 21 07 38

いろいろリストアップしてきましたが、まさかiPad Pro買い忘れてないですよね?(笑)

購入は、Appleの公式サイトからですよ↓

iPad Pro - Apple

現在iPad Proシリーズは、10.5インチと、12.9インチがリリースされています。個人的な意見では、10.5インチが超オススメです。私も、ポチりました。もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください↓


iPad ProでDTMを始める人は、KORG モバイルMIDIキーボード nanoKEY Studioから買ってみよう

いかがでしたか?iPad ProでDTMを考えいている方は、参考にしてみてください。

最初は「その1:KORG モバイルMIDIキーボード nanoKEY Studio」から用意してください。盛りだくさんのアプリと、iPad Proで音楽制作の雰囲気をつかむことができますよ。


それじゃあ今回は、この辺で!!

この記事がイイと感じたら、ためらわず記事下からシェアしてくださいね!soundorbisの音楽は→公式サイト(soundorbis.net)。ブログで取り上げて欲しい話題や疑問は→メールフォームから、どしどしご応募ください。

すべての”iPad Proで音楽制作する人々に”幸あらんことを。
サウンドオルビス(@soundorbis)でした!!

まずはKORG nanoKEY Studioから!

この記事を書いた人

サウンドオルビス(soundorbis)とは?

公式サイト:soundorbis.net

以前の記事  以前の記事
新しい記事  新しい記事