「音楽×テクノロジー」の話題を中心に、DTM、iPhone・iPad・Mac、最新テック情報、ガジェット・書評レビューなんでも書きます。ガンガンいこうぜ!みんなの訪問を、全力で待ってます。

4.01.2018

狐火ってラッパー知ってる?夢を諦めたくない大人に送る神曲3選

どうも。

サウンドオルビス( @soundorbis )です。

ヒップホップって好んで聴かないジャンルでした。でも最近、YouTube のオススメで狐火って方の音楽を聞くようになってからハマっています。

ただのヒップホップじゃない、歌詞が、言葉が、リリックが胸に響いて仕方ないんです。だから、みんなにも伝えたくて記事にしました。

夢を諦めかけているアナタに、聴いてほしい。



狐火って知ってる?夢を諦めかけた大人の心に響いて涙が出るよ

狐火公式サイトより画像

狐火Website.(https://www.butterflyunderflaps.com)

2008年から2016年にかけて 150 曲、アルバム 13 枚をリリース。YouTube 累計再生回数は、なんと約 150 万回を超えるラッパーなのです。

2012年には SUMMER SONIC にも出演していたとのこと。合わせて福島県出身なのも、個人的には親近感を覚えている部分。

何よりも等身大のリリックが、大人の心に響いて涙が出るよ。それが、狐火というアーティストなのです。

マジで心を刺されるほど強烈な神曲を、3つご紹介させてください。

35才のリアル / 狐火 Track by PENTAXX.B.F

月曜日の夜明け前が一番暗い その分、金曜日の夕暮れは眩しい

夜が明ける頃には有名になってろ 役職に就いていく同世代のボーナスくらい ライブのギャラだけで稼げる 可能性をまだ握ってる

出だしの歌詞から泣けた。社会人になるとわかる月曜日の夜明け前の憂鬱さ。目が覚めてもまだ暗くあってくれと願ってしまうんですよ。

本業がどうして自分のやりたいことじゃないのか... ...

多くの大人たちが、「まだ握ってる」のリフレインに涙が止まらないはず。

YouTube には、27 才、29 才、31才、35才のリアルが投稿されています。興味のある方、ぜひ他のリアルも聴いてほしい。

かかと着く頃には / 狐火 Track by 観音クリエイション

2017 年に投稿された楽曲。20 代には歌えないリリックだからこそ、響く。

落ち込んでいたファンだったあの子が 5 年後、彼氏を連れてライブに来た

手を繋ぎ帰っていく 一周回ってまた会いに来てくれるかな
次に会う時はきっと家族になっているのかな

自分自身は変わらないのに、周りの人間はちゃんと進んでいってる。助ける立場のはずだったのに、いつの間にか遠い存在になってしまったファンの子。

リアルでもサウンドオルビスの周りの友人が、どんどん結婚していく中で自分だけは今も昔も音楽ややりたいことを続けている。

共感できる部分があって、どうしようもなく涙がこぼれてました。

【PV】マイハツルア / 狐火【2nd Album収録】

2009 年に投稿された楽曲。アルツハイマー病を題材になっていて、逆さまに読むことで記憶が戻ってきてくれたらという願いを込めた作品とのこと。

個人的には生まれた時すでに、おばあちゃんという存在がいなった。それでも、写真でしか見たことないおばあちゃんが生きていたら、きっと同じ気持ちになると思うんです。

生きている人、健康でいる人、そばにいる人をもっと大切にしたいと心から決心しました。

公式サイトには続アイハツルア特設ページが設置されています。「続アイハツルア」も、ぜひ聴いてほしい。

YouTube チャンネル「狐火Kitunebi」を登録して、もっと狐火を聴こう!

狐火Kitunebyoutube

狐火Kitunebi チャンネル登録は、こちら。

精力的にライブ活動や、YouTube での楽曲投稿、そしてアルバムリリースを続けています。

記事を書いている 2018 年 4 月も『春のYOIMACHI』を東京都豊島区大塚で LIVE だったようです。

2018.06.24(日)には、茨城県ひたちなか市の『ごじゃっぺ音楽祭』に出演のようなので、近くて嬉しい。

これからも等身大のリリックを、たくさん聴かせてほしいですね。

まとめ

というわけで今回の気になる音楽ということで、狐火 様をご紹介させていただきました。

若いころには分からなかったけど、大人になったから、社会人になったから、同じ夢を志すアーティストだから心に響いて仕方がなくなってしまいました。

これからも応援しています、がんばってください!

 

それじゃあ、サウンドオルビス(@soundorbis)でした。

soundorbis
このブログを書いてる人
サウンドオルビス フリーBGMアーティスト

音楽×テクノロジーを中心に、ブログ書いています。詳しいプロフィールは ⇨ こちら

\ シェアしよう /

以前の記事  以前の記事
新しい記事  新しい記事