「音楽×テクノロジー」の話題を中心に、DTM、iPhone・iPad・Mac、最新テック情報、ガジェット・書評レビューなんでも書きます。ガンガンいこうぜ!みんなの訪問を、全力で待ってます。

5.17.2014

ナレーションの声とBGMを合わせるのに役立つ3つの事

閲覧回数

Voice3tunokoto compressor

どうも。

サウンドオルビス( @soundorbis )です。

本日は声優のボイスサンプル等で使用する音楽を、声に合わせる上で役立つ考え方をまとめます。

まずは聴く事から

声の素材を分析しましょう。

  • 感情は、楽しいのか、悲しいのか。
  • 目的は、情報を伝えるのか、思いを伝えるのか。
  • 目標は、感動させたいのか、リラックスさせたいのか。

まずは、素材の持っているパワーを知る事が大切です。

内容に合ったBGMの選択

ナレーション内容、場面にあったBGMを選びましょう。

  • 緊急性のある内容なら、緊張した音楽
  • ほのぼのとした場面なら、明るい曲
  • 萌え系のストーリーなら、可愛い曲

チョイスを間違えれば、言葉よりも音楽に耳が行ってしまいます。効果的なBGMの選択ができれば、声に世界観を加えてくれます。

素材を近づける

内容に合ったBGMならば、声の素材と雰囲気が似ているはずです。声とBGMの音量バランスができたら、いよいよミキシングに入ります。

ポイントとしては、2つの素材を近づけていく感覚です。

主に EQ というツールを使って調整していきます。EQ がわからない方は、イコライザーが好きになる本「スグに使えるEQレシピ 」のように直感的にわかる本を使って覚えちゃいましょう。

まとめ

次回は DAW の画面を使いながら、より詳しくナレーションと BGM の合わせ方を説明していきます。

次回⇒ 「ナレーションの声と、BGMを合わせるのに役立つコンプレッサーの使い方と、設定値。

 

それじゃあ、サウンドオルビス(@soundorbis)でした。

↓10万回再生されたフリーBGM公開中↓

↓ おなじ話題をもっと読む ↓

このブログを書いてる人
soundorbis
サウンドオルビス -フリーBGMアーティスト-

ブログ・音楽・VTuberなど好きなコトで生きていく情報を毎日、発信しています。あなたのクリエイティブを応援するぞ!詳しいプロフィールは ⇨ こちら

soundorbis 公式アカウント

関連する記事

パワープッシュリンク