soundorbis.comは、クリエイティブなあなたを応援する個人ブログです。 音楽・映像・文章の創作活動で役立つ情報や、実際に買ってみたガジェット・最新テクノロジーといった気になる未来の話題もお届けしています。 自分らしさを表現したい!そんなあなたを、全力でサポートしちゃいますよ。

2014-05-20

エコー(リバーブ)をYouTubeの重大発表で使うときの設定値

エコー リバーブ をYouTubeの重大発表で使うときの設定値

どうも。サウンドオルビス( @soundorbis )です。

ライバルの YouTuber たちはエコー(リバーブ)を、どうやって設定しているんだろう?

重大発表をするまえに、設定の値を教えて欲ほしい! なんて悩みの声が聞こえてきました。

そんな訳でこの記事では、YouTube で重大発表したいときに使う「エコー(リバーブ)の設定値」についてまとめていきます。

YouTuber になるなら、エコーは絶対マスターしよう。

この記事を読めば、こんな感じのエコーをかけられるようになります

動画最初の「タイトルコール」に、エコー(リバーブ)がかかっています。本気で YouTuber になりたいなら今すぐ、確認してみてください。

広い部屋で話しているような効果を「エコー」または、「リバーブ」と呼びます。分からなかった方は、覚えておきましょう。

今回の記事では、この動画を参考に「エコー(リバーブ)の設定値」について解説していきますね↓

重大発表するときのエコー(リバーブ)の設定値について

重大発表するときのリバーブの設定について

  • Pre-delay(プリディレイ):0ms
  • Decay (リバーブタイム):1.8sec
  • Width (広がり):100%
  • Wet (音の混ぜる量):20%

参考動画では、こんな感じでエコー(リバーブ)の設定値をつくりました。

使っているエコー(リバーブ)ソフトは、「iZotope Nectar2」です。

有料ソフトですが設定値を参考にすれば、無料のソフトでも同じことが可能になります。

注意
Decay (リバーブタイム)を 3s 以上にすると、何を話しているか分からなくなります。初心者は深くかけすぎてしまうので、注意してください。

隠し味にディレイを入れると、重大発表の説得力が 2 割増!

重大発表するときのディレイ隠し味の設定について

  • Delay(繰り返す時間):200ms
  • Feedback(響く時間):20%
  • Width(広がり):100%
  • Wet(混ぜる量):20%

参考動画では、この設定値でディレイを混ぜました。

エコー(リバーブ)に少しだけディレイを混ぜると、説得力が 2 割増になる気がします。

ちなみにディレイとは、「やまびこ」のように音が繰り返し反響するエフェクトのことです。

やまびこ解説画像

「ヤッホー」と山に向かって叫ぶと、「ヤッホー」と山から声が返ってくるアレです。笑

一手間加えることで、ライバル YouTuber に差をつけることができます。

絶対にこのスキルを、獲得しておきましょう。

まとめ

エコー(リバーブ)をYouTubeの重大発表で使うときの設定値について、まとめてみました。いかがだったでしょうか?

これで今日からあなたも、YouTube で好きなだけ重大発表することができますね!

ですが、毎回動画で重大発表していたら……視聴者に飽きられちゃいますからね。何ごともほどよくやりましょうね。

↓10万回再生されたフリーBGM公開中↓

KEYWORDS:

関連する記事

このブログを書いてる人
soundorbis
サウンドオルビス -ヴァーチャルアーティスト-

ブログ・音楽・VTuberなど好きなコトで生きていく情報を毎日、発信しています。あなたのクリエイティブを応援するぞ!詳しいプロフィールは ⇨ こちら

soundorbis 公式アカウント

パワープッシュリンク