soundorbis.comは、クリエイティブなあなたを応援する個人ブログです。 音楽・映像・文章の創作活動で役立つ情報や、実際に買ってみたガジェット・最新テクノロジーといった気になる未来の話題もお届けしています。 自分らしさを表現したい!そんなあなたを、全力でサポートしちゃいますよ。

2016-01-24

音楽制作で必要なMacのスペック3つのポイントとは?

どうも。サウンドオルビス( @soundorbis )です。

前回の記事で DTM 用途でパソコンを選ぶときはスペックを気にする必要がないことを説明しました。

前回→「DTMの始めるならパソコンはMacかWindowsか?

今回の記事は、DTM 用の Mac を選ぶときの基準や注意点を書いていきます。(執筆時 2016 年 1 月の情報です。)

DTM なら Mac でしょ!

DTM 専用 Mac の選び方

DTM って、実はそれほどマシンパワーがいらないんです。

CPU はミドルクラスで問題ありません。

DTM 専用 Mac を選ぶ基準は、たったの3つだけ↓

  1. 容量(HDDの回転数)
  2. メモリ
  3. 画面の作業領域

それでは、一つずつ解説していきますね。

DTM専用 Mac の容量について

容量は1TB以上を、必ず選びましょう。大きければ大きいほど、良いです。

DAW上で楽器を鳴らすためのソフト音源は大容量化しています。

DAW 自体も大量のループ素材や音源を、標準でつけてくる時代になっています。

例として…

Logic Pro X(DAW)

最低 6GB のハードドライブ空き容量が必要となります。

アプリケーション内でダウンロードできるオプションコンテンツには 49GB 必要

NI KOMPLETE 10 ULTIMATE(総合音源)

アプリケーションのインストールにはディスクの空き容量が 12GB 必要となります。

ライブラリのインストールには加えて308 GB必要となります。合計で 320GB の空き容量が必要となります。

非圧縮の場合、ライブラリ・サイズは440 GBとなりますのでご注意ください。

Ivory II American Concert D(ピアノ音源)

49GB のコア・ライブラリをインストールする必要があります。

大きな容量を必要とする理由が、わかっていただけましたか?

肥大化していく一方なので、ここはケチらず大きいものを選びましょう。

音源のファイルだけ別のディスクに移動すれば、大きい容量は必要ないですが……

曲作り以外に時間をかけるなら、最初に予算をかけて大きな容量を買ったほうが安心です。

HDDは回転数が大事!

MacのHDD回転数には、5400rpm7200rpmがあります。比較動画をごらんください。

動画のように、数字が大きい7200rpmの方が、圧倒的に早くファイルを読み込むことができます。

DTMで大きな容量の音源を読み込む作業が、とにかく多いので…絶対に7200rpmのMacを選ぶようにしましょう。

ここでSSDの話題を出したいのですが、2016年現在まだSSDは非常に高価なので、コスパが悪いです。手を出してもフュージョンドライブに止めた方が得策です。

DTM専用 Mac のメモリについて

iMac 27インチならばメモリを増設できるので、あまり気にしなくてよいです。

ただメモリが4GB以下だと、DAWや音源ソフトが落ちやすくなるので、大いに越したことはないです。私は12GB積んでいます

参考になるサイトがございますので、ぜひご一読ください。↓

DTM用途のパソコンスペックについて考える | 近未来的音楽素材屋3104式

DTM専用 Mac の画面、作業領域について

大きい画面は、正義です。

DTMの主な作業画面は、リージョン画面、ピアノロール、ミキサー、ソフト音源などが挙げられます。

小さい画面だと、これらを1ずつ開かなければならず、大きく効率が下がってしまいます。それで済むなら、iOSやAndroidで音楽制作した方がマシです。

私の理想は、27インチですね。

シンプルに作業画面が、1つの画面に収まるというのは素晴らしいことです。

デュアルモニターも検討したいですが、首を動かす必要と、初心者には必要のないモニター選択・作業をさせる必要が出てくるため今回は入れませんでした。

デスクトップかノート型か?

この質問には、やりたいことで分けるべきだと思っています。

デスクトップかノート型を決定する決めてとは?
  • 作曲家になりたいなら、デスクトップ型
  • DJをやりたいならば、ノート型

あなたは、どちらを選びますか?

まとめ

次回は実際のApple製品から、コレだ!というMacをチョイスしたいと思います。

全ての迷えるDTMer初心者に、参考になれていたら嬉しいです。

それでは、全てのクリエイターに幸あらんことを。

次回→『2016年DTM専用Macオススメはコレだ!

↓10万回再生されたフリーBGM公開中↓

KEYWORDS:

関連する記事

このブログを書いてる人
soundorbis
サウンドオルビス -ヴァーチャルアーティスト-

ブログ・音楽・VTuberなど好きなコトで生きていく情報を毎日、発信しています。あなたのクリエイティブを応援するぞ!詳しいプロフィールは ⇨ こちら

soundorbis 公式アカウント

パワープッシュリンク