「音楽×テクノロジー」の話題を中心に、DTM、iPhone・iPad・Mac、最新テック情報、ガジェット・書評レビューなんでも書きます。ガンガンいこうぜ!みんなの訪問を、全力で待ってます。

2016-07-01

作曲できない!L字デスクはDTM環境のタブーだったかも?

2016 06 30 23 28 49

どうも。サウンドオルビス( @soundorbis )です。

謝らなければいけません。

記事を削除してありますが、意気揚々と DTM デスクを L 字型にしていた過去の自分がお恥ずかしい。

なんと、曲が書けなくなってしまいました。MIDI キーボードが横で、ディスプレイが正面タイプは性に合わなかったようです。

ということで今回は、L 字の DTM デスクで大失敗した話をしていきます。

首が疲れるし、取り回しもしづらい

L 字型 DTM デスクは、曲が書けなくなる。

2016 06 30 23 30 59

サウンドオルビスのデスクを、こんな感じにしてみました。

目の前にキーボードがないから、気持ちがすっきりして、ガンガン曲を作れるぞ! って思っていたのに、作曲できない状態となりました。

私が座っている真正面に、画面。そして、右側にmidiキーボード。いやこれがね、不思議なぐらいに曲を作ろう!って気持ちにさせてくれない配置なんですよ。

  • 顔をキーボードに向けると、左耳に集中して音が届く
  • ヘッドフォンをしていると、背面にコード伸びてヤダ。
  • 画面見ながら、右手だけ伸ばすと手が痛い。

いや、おまえさん、そんなことかよ〜。配置を元に戻して、さっさとフリーBGM作れよ〜(怒)っていう、ありがたい熱狂的なファンのために一言物申させてください...

いやマジ、これwwwww デュフwwwww 我輩の右手が壊れるからwwww そして、配置戻すのめんどくさいwwww そんなに、俺を苛めないでwwwww

とかいう意味不明なテンションでお茶を濁そうとしたけれど、マジメな面が顔出すから改めて言うね。

MIDI キーボードは常に触るものだから、いつも目の前にあったほうが便利だぞ!

MIDI キーボード目の前に配置するメリットは、かなり大きい。実際試したことないDTMerは、やってみて。画面見ながら、右手だけでキーボード弾くことの効率の悪さを。

不必要なものはしまい、常に必要性のあるものは出しっぱなしにしておく

↑この考え、めちゃ合理的。

そんな合理性を求めて DTM デスクを頑張って作ったので、気になる方は下記からどうぞ↓

関連記事>>>DTMデスクで作業効率上げるなら奥行100cmは欲しい

曲は書けないが、ブログ更新はとても捗る。

断捨離目的で、部屋の掃除をした時に移動したんだよね。

椅子に座った時の見える景色に、物が少ない方が創作意欲湧く気がしたもんだからさwwwwそしたら、見事に月間の楽曲製作数が激減してやんのwwww

これじゃいかんと思っているわけですが、逆にメリットもありました。

ブログ更新が、めっちゃ捗る!

曲は書けないけれども、ブログは書ける。

ブログは書けるけれども、曲は書けなくなる。

どっちの能力を望む?まぁ、どっちも同じこと言ってんだけどさ(o´・ω・o)σ

自分にとっての理想の姿は、音楽を作ることが最もやりたいことで、ブログはその土台となるもの。音楽を作れないことには、ワクワクした気持ちを受容する場所が減ってしまうから、問題なんだよ。

だから、早急に「Mac - midiキーボード - 私」っていう配置にしなければ

失敗から学ぶ次の行動

DTM デスク買います!

ここまで調べておきながら、全然買っていないところを見ると、本当は必要ないのか?って自分でも思っていただけに、6月の活動をまとめていて、曲が書けなくなっていることに...青天の霹靂でしたわ。

これはもうね、さっさとデスクを導入して、たけしに勝つためにピリピリ特訓したピカチュウ並みに曲出していくわ!

そんなわけで、作ってる曲がエレクトリックな黄色い感じになっていたら、特訓が成功したと持っていてね!

ポケットモンスター てのひらピカチュウmini サトシの帽子ver.

それでは、すべての「ピッピカチュ〜」に幸あらんことを。サウンドオルビス(@soundorbis)でした。

↓10万回再生されたフリーBGM公開中↓

↓ おなじ話題をもっと読む ↓

↓ シェアして話題を共有しよう ↓

関連する記事

このブログを書いてる人
soundorbis
サウンドオルビス -フリーBGMアーティスト-

ブログ・音楽・VTuberなど好きなコトで生きていく情報を毎日、発信しています。あなたのクリエイティブを応援するぞ!詳しいプロフィールは ⇨ こちら

soundorbis 公式アカウント

パワープッシュリンク