soundorbis.comは、クリエイティブなあなたを応援する個人ブログです。 音楽・映像・文章の創作活動で役立つ情報や、実際に買ってみたガジェット・最新テクノロジーといった気になる未来の話題もお届けしています。 自分らしさを表現したい!そんなあなたを、全力でサポートしちゃいますよ。

2018-05-10

迷わない!α7III・α7II・α7RIIの選び方を登山家にアドバイス貰ったブロガーの話

Oumayowanaikamera

どうも。

サウンドオルビス( @soundorbis )です。

悩みに悩んでいます。フルサイズミラーレス一眼が欲しくて、ツイッターで質問しちゃいました。ものすごい速さで助けてくれる方が求めていた答えをくれたのです。

今回のお話は、登山家の「まだら牛」さんの「α7III・α7II・α7RII」の選び方をまとめながら、わたしがブログで使うために、どのカメラを選んだのか? 悩みを共有しちゃいます!って話です。

α シリーズの選び方で悩むあなたを、救う記事になっていますよ!

「α7III」「α7II」「α7RII」どれを選ぶべきか?話をまとめると

ざっくり話をまとめると、こんな感じ↓

  • α7IIとα7IIIの「出てくる写真」については正直そこまで差は無い
  • α7III は α7II に比べて「便利になってる」面が強い。
  • α7III のバッテリー性能の向上の恩恵が大きい。
  • 低温下や長時間撮影が無いなら α7III にする理由は無い。
  • 「出てくる絵」の違いはRシリーズになると体感差が出てくる。流石に緻密な描写で絵が綺麗。撮って出した段階での細密さはある程度の差がある。
  • SNSやブログ圧縮前提ではどの αシリーズでも差は無いかも。
  • レンズとレンズどっちの影響が大きいか? は、どのレンズを検討しているかによる。

つまり、

α7 III は、低温化や長時間撮影が必要な画質向上を求めないブロガー向け。

α7 II は、日常使用で長時間撮影が必要なく画質向上を求めないブロガー向け。

α7R II は、撮って出しで線密な描写が必要な画質向上を求めるブロガー向け。

ってことになるわけですね! さすが、3 つすべての α カメラ使用者は、わたしの悩みを正確に捉え、的確なアドバイスをしてくれますね。シンプルで無駄がない。

わたしの心に突き刺さりました。

中古の「α7 II」こそ、フルサイズミラーレス一眼を初心者が手にするにはベストマッチなのだ!

アドバイスをいただいたので、自分の考えを含め回答させていただきました↓

  • α7IIが自分にとってコスパがいいですね。
  • α7II と α7IIIの「便利さ」に10万以上のコスパはなさそう。
  • 長時間撮影の必要性が出たら、α7III に買い換えます。
  • 中古α7 IIは、9万。中古α7R IIは、17万。ブログで使う描写力に差額 8 万の価値はない。
  • レンズには、15万ほど予算をかけたい。単焦点でブツ撮りと、オールドレンズで遊びます。

アドバイスをもらえたことで、さらに自分の中でどうしてミラーレス一眼を買おうと思ったのか理由がはっきりしてきました。

すると、悩んでいたモヤモヤがどんどん晴れていくんですよ。

言ってみればフルサイズミラーレス一眼初心者のサウンドオルビスが、便利さや最新を求めたところで使いこなせないのですよ。

今の自分にとってベストチョイスは、やはりこのカメラでした↓

結論:中古の「α7 II」を購入します!

中古の「α7 II」に、決めました!!!

α7 II と α7 III で出てくる写真に差がない。というアドバイスには、痺れましたね。ブログを書く上で大事なのは、カメラじゃないんですよ。写真なのです。商品を撮影した写真そのものなんです! これを忘れると、決心んが鈍ります。

α7 II と α7R II で撮影した写真を、圧縮前提で考えると差がない。このアドバイスにも心打たれました。ブログに掲載する写真は、サイズを落とす必要があります。最高画質でなんて掲載したら表示スピードの遅さに誰もブログを読んでくれなくなります。

目的をはっきりさせることが、カメラ選びにはとても大切ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

わたしと同じようにミラーレス一眼カメラを探して、悩み、最終的に「α7III・α7II・α7RII」の選び方で困っている方は多いと思います。

予算があるなら迷わず高いものを買えばいいんです。ですが、カメラって趣味はカメラを持ったところがスタートなんですよね。それから作品を作り、世界に自分を表現していくことが最高に楽しいのではありませんか?

ブロガーの場合は、記事に載せる写真で文章をさらに伝えやすくするための手段なのです。カメラの選び方に迷ったときは、信念を忘れなければあなたにとって最高のカメラが自ずと見えてくるはずですよ。

アドバイスをくださった登山家の「まだら牛 @m_Usi」さん、本当にありがとうございました。

これからも作品投稿、頑張ってください。

まだら牛 さんの活動情報

まだら牛さんのプロフィール

 

それでは、あなたの人生にドラマを!

サウンドオルビス(@soundorbis)でした。

↓10万回再生されたフリーBGM公開中↓

KEYWORDS:

関連する記事

このブログを書いてる人
soundorbis
サウンドオルビス -ヴァーチャルアーティスト-

ブログ・音楽・VTuberなど好きなコトで生きていく情報を毎日、発信しています。あなたのクリエイティブを応援するぞ!詳しいプロフィールは ⇨ こちら

soundorbis 公式アカウント

パワープッシュリンク